ソニーリピートカードプレーヤー CP-70 修理

CP-70

ソニーリピートカードプレーヤーも、いろいろご依頼(CP-33, CP-50)がありましたが、CP-70は、初めてのご依頼です。

リピートカードプレーヤーという機種は、トーキングカードプレーヤーと付随する機能が少し異なりリピートカードプレーヤーは、再生した音声を直後にリピート再生できる機能を有しています。

CP-33やCP-50の後継機種でしょうか、早速みてみましょう。

カードの再生ができないとのことですが、手でカードを送ると再生はできて、モーター音も内部から聞こえているので、キーパーツの故障でなく、ゴム系のパーツが経年劣化で不具合をおこしたのでしょう。

早速、内部をみてみましょう。

CP-70

CP-33, CP-50の筐体は、青のラインが引かれておりましたが、本機は違い筐体のラインがオレンジ色です。開封すると、、、

ゴムベルトの溶断

残念、、、内部は青でした!

で、例のゴムベルトはゴムが溶けて切れてプーリーに巻き付いています。これ、結構厄介なんですよね。ゴムが溶けてネバネバしてしまっているので、プーリーの溝をきれいにする必要があります。

備忘録として、この溶断したゴムは、アルコールできれいに除去できます。また、プーリーもグリスが固着しかけておりまして、駆動時のノイズが出ています。本機は、一応オーディオ機器なので、古くなったグリスを除去し静音を回復しました。

交換
グリス付加

ゴムベルトは、CP-55と同サイズでした。ゴムローラーは、まだ固化が進んでおらず摩擦も残っており、カード再生テストも良好でしたのでアルコール洗浄で修理完了しました。

しかし、CP-1000やCP-1100では、ゴムベルトはたいてい固化し交換します。一方、CP-33やCP-55では、溶断している例が多いです。生産時期によって材質が異なるのでしょう。


本日トーキングカードプレーヤーの修理完成品受け取りました。動作確認もできました。修理していただき本当にありがとうございました。

~ご依頼様のご感想より~