2021.3.26 カードプレーヤー クリーニングのお願い

カードプレーヤー クリーニングのお願い

磁気カードを再生すると、劣化した紙でゴムローラーが目詰まりします。また、磁気テープの劣化で磁気ヘッドも汚れてしまい、再生音が小さくなったり、ノイズが出てきます。

そのような場合は、磁気ヘッドとゴムローラーのクリーニングが必要です。

ソニーも300枚を目途にクリーニングを行って欲しいという説明書を製品に同封しておりますが、発売から30年以上経過した磁気カードは、劣化が激しいため、クリーニングの頻度はもっと小さく(50枚程度)なります。

CP-7000を用いたクリーニング方法です。クリーニング液で湿らせた製品同封のクリーニングシートをカードと同じように挟み、中央で強く握り2秒強制停止させます。

クリーニングを行うと先の目詰まりが綺麗になります。

当医院で交換部品として使用しているゴムローラーは、ソニー純正の部品ではありません。純正に近いだろう素材仕様でゴムメーカー様に製作いただいた完全受注品となります。従って、製造メーカー同様の精度や機能を満たしているわけではありません。

再生するカードの劣化状況にも大きく影響しますが、50枚を再生するたびにクリーニングを実施してください。

クリーニングシートを紛失した場合は、数に限りはありますが、当医院在庫のシートを有料でお分けできます。また、クリーニング液も無水アルコールやIPAを代用ください。IPAであれば、こちらも有料でお分けできます。

参考として、購入から30年程経過したトーキングカードを80枚程度再生すると、ゴムローラーは、以下の状態となります。

ゴムローラーの目詰まりは、カード送りが滑ってしまいますし、接している磁気ヘッドにもカスが付着してしまいます。この状態で使用を続けると、再生音が小さくなりノイズも出ます。