2018.10.30 ご寄付のお願い

2015年より開院しております、当院『宅配おもちゃ病院 takishita.jp』は、おかげさまで3年目を向かえることができました。北は北海道、南は、沖縄県まで全国よりご依頼を頂いており、9割以上無事修理完了の報告ができてるのは、うれしい限りであります。

趣味のものづくりの知識や技能を活かして、横浜市地域のおもちゃ病院の勤務医として活動をスタートし、2015年には、本院である個人病院を開院し、2018年9月より活動場所を青森に移し活動を再開できました。しかしですが、活動資金不足が常態化しており、活動が苦しい状況です。資金の主な使途としては、以下となります。

  • パソコン、半田付け、インターネット、レンタルサーバーなどの通信・光熱料金
  • 配線材、銅版、接着剤、コピー用紙などの消耗品代
  • 極細ドリル歯の折れ、精密ドライバーの折れなどの工具補充代

また、非常に残念ではありますが、承諾請求させていただいた部材費用のお振込み拒否費用への充当や修理不可能であったおもちゃのお受け取り拒否に伴う宅配便の返送料の立替えも発生しております。

ボランティア活動として、開院しておりますため、修理作業自体は、無償にて今後もご提供を続けてまいりますが、前述の通り、資金不足が顕著になっております。たいへん心苦しいお願いにはなりますが、修理が無事完了できた、ご依頼者様へ、ご好意にて1口500からの寄付のお願いを返送のおもちゃに同封をさせていただいております。

ご好意によるご寄付のお願いですので、ご寄付をなさらずとも、継続して当院をご利用頂いても全く構いませんので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

領収書は、基本発行しておりませんが、必要な方は、あらかじめお申し出いただければ、郵送にて送付させて頂きますので、ご連絡の程、お願いいたします。

2018.10.30 宅配おもちゃ病院 代表:瀧下忠儀