緑のたまごっちのネジ外しとLOVE BANK修理

初代たまごっちのつぶれたネジ外しとLOVE BANKというモーターで動く貯金箱の依頼がありました。

たまごっちについては、以前オスっちやメスっちのネジ外しの依頼を受けたことのある、ご依頼者で今回もネジ外しの依頼です。

以前、お持ちだったたまごっちで壊れて捨ててしまい、最近もう一度入手できたがネジが外せなかったということです。

緑のたまごっち

きれいな緑に黄色のボタンがいいですね!

では、ネジの状態を確認します。

どちらも完全に陥没した状態ではなく、ネジの溝はつぶれたがある程度は残っているという状態です。

強固に固着でもしていなければ、テクニックと工具で開封できそうですが、デビルっちのたまごっちのように、カチコチにネジが固着している場合は、ネジが折れてしまします。

では、ネジ外しに挑戦しましょう。

どちらのネジもとても堅かったです。

筐体の溝とネジの溝ががっちり噛み合っておりました。

向かって右のネジは、たいへんでしたが無事外せました。

ですが、左のネジは、強固に噛み合っておりネジの頭を半周まわしたところでぽきっと折れてしまいました。

ボタン電池も液漏れしており、接触していた電極の突起部も腐食が出ております。

筐体と面一の海面でネジが折れていますね。

強固にがっちり食い込んでいるので、もうどうしようもない状態で、折れるべくして折れたようです。

ここで、依頼者に以後どうするか相談をしました。

デビルっちのたまごっちのように、黄色丸枠の折れたネジの残骸と裏から掘り起こして穴を再建し新しいネジをねじ込めるようにするかどうかです。

ですが、そのためには青丸枠のネジを外さないといけません。

過去にデビルっちのたまごっちで、本体ネジも外せなくネジを折ってしまった悲しい経験があります。本体固定のネジを折ってしまうと最悪本体を固定できなくなるので、大きなリスクがあります。

現状は、電極の腐食部分を接点復活剤で拭きあげるだけで起動もしました。

ついでに押しボタンの感度も問題ありません。

依頼者に前述のリスクを冒してまでもネジの残骸除去と穴再建をするかどうかをお聞きしたところ、現状のままでということになりました。

電池ボックスの蓋を片側ネジだけで抑えるのは、少々心配です。

たまごっちの蓋はボタン電池の電極を接触するように電池の本体を抑え込んでいます。

まぁ、カパカパしなければいいんでしょうけど、依頼者を相談をしたとこと、たまごっち用のケースに入れて遊ぶそうなので、大きなリスクを冒してまでも以後の作業はしないということで合意しました。

動作確認

片側のみのネジでもここまでは動作はしますので、遊ぶ際はケースに入れていただくとしてたまごっちの修理は完了です。


LOVE BANK

たぶん、昭和世代の方々はどこかで見かけたことがあるのではないでしょうかね?

コインを入れると男の子と女の子がキスとするという貯金箱です。

コインを入れてもうんともすんともです。

電池ボックスの正極に錆があがっておりますが致命的ではありません。

サンドペーパーで錆をおとしておきます。

女の子の首が取れていますね。

接着しておきます。ただ、首振りの機構部が軸のすぐ下にあるので、接着剤が付着しないように気を付けて接着します。

首振り機構に誤って接着剤が付着して固着すると、首振りできず届かなくなります。

まず、人形の台座を外します。軸にはEリングでとめてあるので、ぴょんとはねて紛失しないように慎重に外します。

この上部の回転機構を外せると、底面のネジ止めをはずすと分解できるようになります。

分解すると、すぐ何やら取れている導線と破損した支柱が転がってします。

電池ボックスの負極が、コインスイッチとつながっていて、かつ回転機構の電極にも繋がっていうたようです。

回転機構の半田付けが取れているので、恐らく、うんともすんともな原因はこの半田付けが取れてしまったのが原因でしょうね。

このブリキのギアボックスは、遅延スイッチの役目を担っておりました。

コインを挿入口に入れると、いったんコインを検知する電極にコインが触れて導通しモーターが回転しだします。回転しだすと、前述のギアボックス内の遅延スイッチの電極がギアボックスのGNDに触れて以後は回転を続けます。

少し時間を置きコインは、スライド機構で貯金箱の中に落下しますが、遅延スイッチがONの状態なので、回転は継続します。

1回転すると、再度遅延スイッチがOFFになるので、そこで止まります。

再度稼働させるには、コインスイッチをONにしないといけません。

マイコンなども使われていない、うまく考えられた機構です。

内部で転がっていた、破損した支柱はギアボックスを固定していた支柱でした。

経年であちこちのプラスチック筐体がボロボロになっています。

この破損してバラバラになった支柱は、エポキシ接着剤で破片ごとギアボックスと筐体と固定してしまいます。

さて、半田が取れた遅延スイッチに導線を接続してもモーターが回転しません。

分解しモーターに直に1.5Vを給電してもうんともすんともです。

モーターのグリス固着もありますね。

接点復活剤を少し吹き込むと回転しだしましたので分解しメンテナンスします。

コミテータは、黒変した筋を磨いてきれいにします。

ブラシは、摩耗もなくほぼ新品です。

劣化したグリスをパーツクリーナーで除去洗浄しモーター用の接点グリスを塗布しておきます。

これで、消費電流も低くなり静穏化もしました。

破損した支柱の固着を待ち修理完了です。

動作確認

問題ありませんね。

ちなみに、唇の裏に磁石が仕込んであり、唇同士が近づくとキスをするという仕組みです。

なので、鉄もくっつきます。アハハ^^;


たまごっちと貯金箱を修理していただきありがとうございました。

たまごっちは本当に懐かしくて昔遊んでいた時のことを思い出しました。

貯金箱は数年前にオークションで購入した時から動かなくて半ば諦めかけていました。

瀧下さんがこころよく修理をしていただきかわいい動きが見れて嬉しいです。

本当にありがとうございました。

~依頼者のご感想より~

たまごっちマジカルみーつ 起動故障修理(後日談あり)

たまごっちマジカルみーつの起動しないという修理依頼がありました。

たまごっちみーつといえば、サンリオキャラクターズ版の依頼を多くいただきますが、今回はマジカルみーつというバージョンのようです。

1年程前に突然起動しなくなりそのまま保管されていたそうです。

では、診断しましょう。

電池ボックスの負極に液漏れの形跡がありますね。

致命的ではありませんが、掃除しておきます。

また、液漏れの前科があることも覚えておきます。

届いた状態ではうんともすんともでしたが、分解し時計用のシリンダー型の32.768kHzのクリスタルの足をちょんちょんしてみると、

なんと!

起動し出しました。

やはりクリスタル系の故障だったようです。

ありゃりゃ、、、。

続きをリロードしたのですが、お世話の途中だったらしく、

うんちに病気に、お風呂にも入れていないので、体が汚れていますね。

まぁ、お世話の続きは動作確認でとして、電池の抜き差しで再起動すると問題なく起動するようになりました。

次に裏面のリセットをすると、電源が落ち、電池を入れ直しても起動することはなくなりました。

クリスタルの半田部にクラックが入っていて、ちょんちょんしたショックで一時的導通し起動したが、その後何らかの衝撃で再度離れてしまったのでしょうね。

因みに、拡大鏡で目視確認しても分からないレベルのクラックです。

X1もX2のどちらのクリスタルを目視確認すると明らかなクラックは分からないのですが、やけに粉粉しています。

先の電池ボックス負極液漏れからもこれらの半田部にも腐食の影響が出ているようです。

半田付け部を一式溶かし直して、しばらく動作確認をします。

電池を入れ替えて起動し、途中でリセットボタンで再起動し、しばらく放置します。

途中、お世話が必要な時はお世話をしてしばらく放置を繰り返します。

時計を4月に合わせると、桜が咲きました!

お花見もできるんですね。

素晴らしい。

このような動作確認を数時間おきに二日間にわたり行います。

動作確認

問題ありませんね。

これにて修理完了です。また、お世話をして楽しめます。


この度は本当にお世話になりました。

古い型ということもあり修理は諦めていたのですが、このようにまた遊べる状態に治していただいて本当にありがとうございます。

思い入れのある物だったので、とても嬉しいです。

もし、今後また調子が悪くなってしまうことがあったら、その時も受け付けていただけるとありがたいです。

それでは、瀧下様の益々のご活躍をお祈り申し上げております。

~依頼者のご感想より~

後日談1

依頼者様へ返送した到着の日の夕方から動作確認をはじめ3時間までは依頼者様で動作確認でき、そのまま就寝し翌朝には、残念ながら電源が落ち無反応になっていたとのことです。

再診察のため、さっそく送り返していただき診断を開始しました。

届いた状態のまままずは、起動確認します。

返送届いた状態での起動動作確認

なんと!

電池ボックスの蓋をずらした際の強制リセットですでに起動しだしました。

操作もできます。

まぁ、おもちゃ病院あるあるなんですけどね。

依頼者様の手元では不具合が起き、おもちゃ病院では不具合が起きないという事態は珍しくありません。

そこで、まずは現状のまま24時間稼働の経過観察をします。

依頼者様と相談の結果、現状できる部品交換を実施しさらに経過観察をして問題なければ返送としました。

この手の不良解析は、メーカー様でも恐らくやっておられないでしょう。

初期不良のみ良品交換として、修理窓口も設置せずとしていると思います。

家電もそうですが、修理サービスと提供すると、そもそも修理費用が製品化価格並みになるのと、場合によっては新品を購入できる費用規模までになります。

また、修理といってもスマホと同じく内部をごっそり新品に交換してしまうので、故障原因の解析すらもうしていません。

これらのサービスをやめることで、製品価格を低く抑えることができます。

※Amazonのレビューなどをみると、高い値段で売っているのだから修理ぐらいしろ!というレビューを時々みます。人それぞれの価値観が違うのでしょうが、メーカー側の事情もわからなくもありません。

さて、24時間の経過観察も問題ありませんでした。

過去のたまごっちみーつで経験のある発振回路まわりの32.768kHzのクリスタルの交換と発振コンデンサーは、12MHz側も一緒に半田を溶かしなおしておきます。また、電源補償用の電解コンデンサーも交換します。

システム側の12MHzのクリスタルも交換できればなのですが、如何せんこちらは表面実装タイプなので交換断念しました。

さらに部品交換後も24時間経過観察し、こちらも問題ありませんでした。

というか、返送して届いてから、まったく問題ないのです。

すこぶる快適に動作しています。

トイレ、お風呂、ごはんなどお世話をして、お友達とも遊び、桜の花見もできました。

ファッションアイテムも購入し、いろいろたのしめました。

では、これにて返送して依頼者様のところで改めて1~2日で動作確認をしていただきます。

結果は、後程掲載します。


返送到着後、依頼者様にて24時間の稼働状況を確認いただき、無事完遂したとのことでした。

まずは、一安心です。

5インチ版 アンパンマン 知育パッド 給電コネクタ交換

アンパンマンの知育パッドの修理依頼がありました。

旧来の抵抗式タッチパネルの4.3インチ版ではなく、静電容量式のタッチパネル5インチ版の知育パッドです。

以前、液晶割れの修理依頼があったのですが、この液晶部品は入手できないので断念した製品でした。

今回は、ACアダプターの給電口にお子様が粘土を詰めてしまい、分解しご自身で除去したのだが、もともと乾電池でも動いていたにもかかわらず電源が入らなくなってしまったという事態とのことです。

おばあ様からのプレゼントとのことで是非とも修理をとご希望でした。

もちろんですが、ACアダプターでも動かないとのことです。

ACアダプターのプラグの口であるDCジャックは、こちらですね。

専用のプラグ以外はささらないようにプラグの接点が奥まっております。

安易に一般的に入手しやすいプラグを指して壊してしまわないようになっております。

少し脱線しますが、メーカー様も苦労をされておられるようですね。

このようなACアダプターは、厳密に極性や電源の仕様があるにもかかわらず、ご自宅にあるアダプターやホームセンターや家電量販店で購入できる”安価な刺さりそうな”プラグをさして壊してしまうんですね。

そこで、この手の知育パッドのメーカーは、そのような故障を未然に防ぐためにコネクタの形状を変更し簡単にささらないようにしているわけですね。

ですが、後述しますが今回の依頼者様は、このような事情も鑑みずにご自身で壊してしまったという事態でした。。。 ̄▽ ̄;

ではでは診断を開始しましょう。

DCジャックが実装された基板はこちらです。

乾電池からの給電とACアダプターからの給電の排他処理の機能も担っております。

ACアダプターからの給電優先で、給電の切替は負極をDCジャック内の接点バネで切替制御で実現されております。

仕組みの詳細は、こちらのホームページで説明があります。

DCジャックの仕様

手持ちのプラグで導通を確認したのですが、まったく不導通ですね。

粘土の残骸が目視でも分かるので、パーツクリーナーでコネクタ内を洗浄します。

最後に接点復活剤も吹き込んでバネをコキコキしておきます。

導通はなんとか回復しましたが、このレベルの汚れだとコネクタの交換が必要でしょう。

さて、電池ボックスに乾電池を挿入して電位は計ってみると、電池ボックスの電極端では正常に電位が上がっておりますが、基板のコネクタ端では上がっておりません。

やはり、粘土が詰まったコネクタの排他接続が問題がありそうです。

そこで、手持ちのプラグを使い安定化電源から仕様の電圧を印加してみます。

基板端で正常に電位が上がっておりますが、起動しません。

おおお、故障がいろいろありそうですね。

まず、プラグのささるコネクタの排他接続の状況を調べてみると、この機構が壊れていました。

プラグがささると、電池ボックス側の負極(GND)が、基板端のケーブルコネクタのGNDに接続されるはずですが、ACアダプター側に固定されております。

黄色枠の電極間が常時不導通になっています。

本来であれば、プラグがささるとバネが電池ボックスの負極の電極と離れるのですが、前述の粘土を抉って取る際に細いマイナスのドライバーなどを使うとバネを曲げてしまい、永久に接点が離れてしまいます。もしくは、接点の間に異物が挟まってしまい、クリーナーでも取れなくなってしまった事態などです。

とりあえず、電源基板のコネクタ端には、プラグからの給電はできるの一先ずプラグからの給電を主にして故障解析を継続します。

電源の経路を給電基板から解析すると正極のプラス側の電源制御回路にあるヒューズが切れていることが判明しました。

すぐ横の電源補償用の電解コンデンサー 470uFに電圧が上がっていないのですぐわかりました。

Hなので、1.0Aのヒューズですね。

ちなみに、チップ型のヒューズは、刻印の文字でヒューズの容量がわかります。

ここで、ちょっと考察しければなりません。

ヒューズが切れた原因を調べないと、『ヒューズが切れたのでハイ交換しました』では、おもちゃドクターとして失格です。

ヒューズが切れる要因は、その名の通り過電流で切れたや部品の不良や経年劣化で切れるなどもあります。ただ、商品からすると部品の経年劣化はあり得ませんので、あるとすれば部品の初期不良かもしれません。

ここで、依頼者様がDCジャックに詰まった粘土を分解して取り除いたことを思い出したました。

そうです!

本体を分解して粘土を取り除いた後に起動確認をしますよね?

もし、その時に手持ちのACアダプターが、バンダイ純正の専用アダプターでなく、自宅にあった素性の知れないテキトーなアダプターで、電圧/電流規格外だったとしたら、、、

尋問します。

自分:「もしかして、手持ちのACアダプターで起動確認なんかされました?」

依頼者:「ハイ、自宅にあったACアダプターをさしました。でも起動しませんでした。」

依頼者:「たぶん、それが故障の原因かもしれません。」

自分(心の中):「はやく言ってよ」プンプン(・´з`・)

自分:「誤挿入したアダプターの規格を教えてもらえますか?画像撮影して見せてください。」

自分(心の中):「おおおお!12V 1.5A だとー!」

ヒューズが切れた原因は判明しましたね。

ヒューズが切れるまでの間の高電圧が印加されておりましたので、恐らく電圧レギュレーターなどの入力仕様内であればですが、その他にも電解コンデンサーなども信頼性の劣化が進行してしまっていると推測されます。

前述のようにメーカー様も対策をされたACアダプターの誤挿入の防止の仕組みを掻い潜り本体を分解してまでつないでしまったのであれば、もうどうしようもないですね。

さて、このチップ型のヒューズは手持ちがないので、同じ1.0Aのリードヒューズで代替えし起動確認します。

やや無理はありますが、このように足を曲げて交換します。

筐体内にはスペースがあるのでリード側のヒューズも仕込むことができました。

暫定的に手持ちのプラグを使用して安定化電源から給電し起動するか確認します。

ドキドキしますね。

起動するでしょうか?

暫定起動確認

おおおお!

起動しました!

動作も問題ありませんね!

これで、故障はDCジャックの負極制御バネの故障とヒューズ切れの2つですね。

ヒューズは、すでに修理済みなので、DCジャックを探します。

見つかりません。

どこをどう探してみても見つかりません。

そうりゃそうですよね。

そんなに簡単に見つかるわけがありません。

丸一日、ネットで秋葉などの通販サイトやAliexpressなども探しましたが、見つかりません。

同じようなDCジャックはあるのですが、端子の位置が違ったりします。

最悪は、足を曲げて強引に基板に取り付けるか、もうACアダプターでの使用は断念し乾電池のみとするか。。。

Google先生の画像検索でヒットしました。

Amazonさんに出品がありました。

端子の穴の位置も同じ商品っぽいです。

注文をして現物で確認します。

ボスの位置も同じですね。

ぴったりです。

ではでは組付けで最終起動動作確認です。

起動動作確認

問題ありませんね。

故障が多岐に渡っておりましたが、無事故障解析もでき、何より思い入れのあるお品物が修理でき、わたくしもたいへんうれしいです。


この度は、無理な要望にもかかわらず迅速かつ丁寧にご対応いただきありがとうございます。

買い直すのではなく愛着のある玩具を引き続き使い続けれることはとても嬉しく思います。またお力添えをいただますと幸いです。

~依頼者のご感想より~

デビルっちのたまごっち 潰れたネジ外しとネジ穴再建

デビルっちのたまごっちの潰れたネジ外しのご依頼がありました。


この度は修理いただきありがとうございました。

デビルっちというたまごっちの中でも厄介な種類の製品ということで大変だったと思いますが、都度、進捗や確認の連絡をいただき、1週間ほどで修理していただきました。

結果としても無事遊べるようになりただただ感謝、大満足です。 大切に使いたいと思います。

~依頼者のご感想より~

デビルっちのたまごっちというと、マニアの皆さまが大人気で、黒、ピンク、白と紫とのツートンなどいろいろ修理をした経験があります。

特に、デビルっちのたまごっちは、どのネジも強固に絞められているので、ほぼ100%ネジが折れます。

ホント、ネジだけでなく、心も折れます。

依頼者様には、そのようなリスクも事前にご了承の上でご依頼を承りました。

フリマで中古を購入したのですが、ご自身でネジを外そうとして両方のネジを潰してしまったとのことです。

おおお、まぁまぁ潰れていますね。

ネジの頭は残っていますが、騙されません。

このような状態でも強固に固着している場合がほとんどです。

ではでは、いつもの段取りでネジ外しに挑戦します。

残念ながら、2本中、1本折れてしまいました。

かなり固着しており、半周位までは回転できたのですが、そこで力尽き折れました。

裏面から向かって右側のネジは、たいへんでしたが無事外せ、左側のネジは残念ながらネジが折れてしまいました。

挿入されていたボタン電池も液漏れが酷いですね。

まず、この時点で以降の判断のため依頼者様に相談しました。

ネジは、リスクのとおり折れてしまいました。

現時点では、電池ボックスの腐食を研磨し導通を回復できれば起動し遊べるようになる可能性があります。

ただ、動作確認をすると、真ん中の押しボタンにも接触不良が出ており感度が悪くなっております。

さらなる修理作業を継続するには、前述画像の青丸のネジも外さないと分解できません。

しかし、このネジも折れやすいです。折れた場合は、本体カバーを最悪閉じて締め付けできなくなります。

上記リスクをご提示し、最悪遊べなくなるリスクを承諾いただき更に作業を続けました。

あ”~

一難去ってまた一難です。

デビルっちのたまごっちは、基板を抑えるネジが別にさらにありました。

そういえば、このネジも折れやすいネジだった、、、。 ̄▽ ̄;

もう、やんたくなるような事態ですが、依頼者様に自体を説明したところ、ここまできたらやれるだけ、やっちゃってくださいという太っ腹な了承をいただけました。

黄色丸枠のネジは、最後の最後までなんとか外さずにできればいいのです。

さて、ここで再度動作確認をすると、動作途中で突然電源が落ちたりと動作が不安定になっていました。

本体後ろ半分の筐体のネジ締めを外した影響で何か出ているようです。

まず、押しボタンの接触不良は、基板の隙間からフラックスクリーナーを吹き付けて押しボタンの接触を回復できました。

まず、ひとつ解決できました。

動作不安定なので、基板ネジを外さないでできる策は、クリスタルと電解コンデンサーの部品交換と半田付けの溶かし直しぐらいです。

ダメ元でやってみると、まぁこれが効果的で不安定な動作がさっぱり消えてなくなりました。

ボタン電池からの液漏れもあるので、やはり半田付け部分に腐食やクラックが出ていたようです。

これでほぼ動作に関する問題は解決できたので、腐食電極の研摩と先の折れたネジの対処をします。

この錆びた電極をルーターのワイヤーブラシで研摩します。

ちゃんと接触抵抗値も確認し研摩します。

さぁ、ここまで一連の動作はできるようになりました。

不安定動作については、時間を置きながら再起動とリセットや時計合わせなどの動作を引き続き経過観察します。

残る課題は、折れたネジです。

折れたネジの残骸が本体内に残っています。

このネジの残骸をネジ穴を削って除去し削った箇所の穴をプラリペアで再建します。

たまごっちピース Flashメモリ剥がれ 修理不可

たまごっちピースの修理の依頼がありました。

中古品として購入されたそうですが、動かずということでご自身で分解してみたが、やはりご自身では修理はできそうにないということでご依頼となりました。

起動せずうんともすんともな状態です。

この手の症状は、ヒューズ切れやクリスタルの発振不良などあります。

では、診断をはじめましょう。

負極に液漏れの粉の残骸がありますが致命的ではないので綺麗に掃除しておきます。

正極側はきれいですね。

あ”、あ”、、、

なんじゃ~こりゃ~。

分解してすぐ、衝撃的な光景を目にします。

Flashメモリが基板から配線のランドや配線も一緒に剥がれてします。

ここまで剥がれるということは、かなり強い力で引っ張ったかもしれません。

って、あ!何かメモリのパッケージについている。

たまごっちピースでは、本体内部の配線を固定するため接着剤で各所固定されています。

なるほど~、電池ボックスの正極の赤導線を固定する接着剤が裏側の筐体とFlashメモリをくっつけていたのでしょう。

過去に同じたまごっちピースを拝見したことがあるのですうが、その際はこのような接着剤は付いていませんでした。

依頼者様がご自身で分解した際に、おそらくなかなか開かないので、抉って開いたはずみでFlashメモリを基板から剥がしてしまったのでしょうね。

で、当医院に依頼するため再度組み立てた時に浮いたFlashメモリの足に力が掛かって曲げたという流れですね。

まぁ、この時点で既に修理不可能ではあります。

基板の配線パターンが損傷を受けており、Flashの足もグニャグニャなので、基板の移殖交換以外にもう復活できる策はありません。※まぁ、入手できる補償も金額的に移殖に値する金額でという問題もあります。

修理不可能である原因は、Flashメモリの基板剥がれで判断しましたが、本来当初の起動不良は、他にあったかもしれません。

いづれにしても、修理不可能の判断は変わらないので、これ以上の深入りはしていませんが、今回の症例は何かモヤモヤ感が残りました。


この度はお忙しい中、修理受付をしてくださりありがとうございました。

とても安心しておもちゃを預けることができました。

また機会がありましたら、ご連絡させてくださいm(_ _)m

本当にありがとうございました。

~依頼者のご感想より~

くすぐりエルモとものまねフクロウ

お孫様のためということで修理のご依頼がありました。

息子様からのプレゼントであったが、動かなくなってしまったとのことです。

この度、お孫様へということです。

どちらもとても楽しいおもちゃですので、お孫様も喜ぶと思います。

では、診断開始しましょう

ものまねフクロウ

当医院でもお馴染みのものまねシリーズです。

ワンちゃんやカラスくん、ハムスターなどいろいろなキャラクターで発売されております。

今回は、お初のフクロウのふくちゃんだそうです。

故障の症状は、電源を入れてもうんともすんともです。

ですが、原因は、すぐ分かりました。

底面にある電源スイッチの接触不良です。

この手の接触不良は、接点復活剤で一時的に復活しますが、またすぐ接触不良が再発するので、スイッチを交換します。

底面の結束バンドを外して作業をします。

よくあるサイズの3極のスライドスイッチです。

電源のON/OFF以外にも電源用の電解コンデンサーのディスチャージにもなっています。

また、モーターのピニオンギアも割れがありますので交換をしてします。

ピニオンギアを抜きグリスでベトベトになっているモーターの軸をアルコールで拭きとり交換します。

これにて、ふくちゃんの修理は完了です。


くすぐりエルモ

くすぐりエルモには、2パターンのバージョンがあります。

当医院に依頼の多い機種は、白筐体のエルモで、そのほとんどにピニオンギア割れが起き、動作の途中でハングアップしたりします。

ですが、今回は黒筐体のエルモのご依頼でした。

黒筐体のエルモでは、ピニオンギア割れが起きにくく改良がなされております。

エルモくんも電源入れてもうんともすんともです。

ピクトもしません。

これは、電源系の故障な臭いがプンプンします。

まずは、電池ボックスまわりを確認します。

電池ボックスは液漏れの形跡もありません。

初心のドクターに理由なく直ぐに背中を開いてしまう方がおられますが、そのような軽々な判断はダメです。

足裏の電池ボックスまわりを診ましょう。

電源スイッチをON側に暫定短絡すると起動しだしました。

原因は、この電源スイッチでした。

接点復活剤で位置的な回復もしますが、すぐに再発することははっきりしていますので、エルモくんの電源スイッチも交換してしまいます。

これで無事に起動はできるようになったのですが、お腹のスイッチも接触不良があります。

顎と左足のスイッチは問題ありません。

恐らく、以前の症例と同じ押しボタンの接点が基板の湾曲で接触できなくなっているようです。

今回のエルモ修理は、有料修理となっておりますので、開腹修理をするしないでは、ご負担の料金が大きく差があるので依頼者の方と現状と方針について相談しました。

エルモには、顎、お腹、足の3箇所の起動スイッチがあります。

いづれのスイッチも別々の動作をするわけではありません。

お腹の起動スイッチが使えなくとも顎と足のスイッチでも遊べますとお伝えしたところ、今回はお腹のスイッチの接触不良の修理は見送るとのことでした。

動作確認

問題ありませんね。

これで、お孫様も大笑いしてもらえるでしょう。


お忙しい中、早いご対応、そして何度も写真や動作確認のメールを頂き、こちらの意向も汲んでくださったことに感謝しております。

エルモは十数年前に独身だった息子からプレゼントしてもらいました。

だいぶ前から動かなくなってしまい、飾っていたのですが、もうそろそろ処分しようかと思っていました。

そんな時におもちゃの病院があることを知り、入院させていただきました。

息子は今では5才と3才のパパですが、孫2人はエルモが動いている姿を見た事がありません。

今度遊びに来た時に見せてあげる事ができて嬉しく楽しみでもあります。

ふくちゃんの方は孫達も大好きでまた、お喋りできるようになって、大喜びすると思います。

ただ、一つ心配なのは、エルモもふくちゃんも、私と孫ときっと取り合いになってしまう事ですね。

エルモは息子に、そして孫にプレゼントしたいと考えています。

私の楽しみもまた増えました。 本当にありがとうございました。

~依頼者のご感想より~

たまごっち 潰れたネジ外しと液晶交換

たまごっち2台の潰れたネジ外しの依頼です。

白い方のたまごっちは、壁紙にユニクロってあるよ。

ユニクロたまごっちって呼ぶんでしょうかね!?

さてネジ外し以外にもネジ外しが成功した場合は、それぞれの動作確認も行います。

では、白いユニクロたまごっちから視ましょう。

白いユニクロたまごっち

まぁまぁな陥没ぐあいですね。

ネジの溝もほぼ無い状態です。

無事ネジ外し成功しました。

液漏れもなく電極も綺麗な状態なので、接点復活剤で電極を拭き上げておきます。

動作も問題ありません。

押しボタンの感度も問題ないので、潰れたネジのみ交換します。

純正は、鉄製の平ネジなのですが、純正の頭の径は、Φ=3mmです。

同じ平ネジを別注で探してもΦ=3mmが見つからないため、ステンレス製のなべネジに交換します。

個人的には、なべネジの方が好きですし、溝の深さを考えるとなべネジの方が潰れにくいはずです。

ピンクのたまごっち

では、次にピンクのたまごっちを診ましょう。

白のユニクロたまごっちよりかは、まだ溝が残っていますね。

ですが、やはりか平ネジなので溝が浅いです。

こちらもネジ外し無事成功です。

同じく電極は綺麗な状態なので、接点復活剤で拭き上げておきます。

ですが、液晶を描画してみると液晶焼けが酷いですね。

筐体のピンク色も焼けているように見えるので、恐らくは直射日光に当たりっぱなしで長期保管していたかもしれません。

白いユニクロたまごっちと比べてみても赤みっぽい色しています。

液晶の紫外線焼けは、偏光フィルターの交換が必要になるのですが、残念ながら当医院には交換できる経験がなかったりします。

劣化したフィルターを剥がし、液晶ガラス面の糊を綺麗し、貼りつけ可能なたまごっちに適した偏光フィルターを探すのも、たいへんです。

このような場合は、液晶を丸ごと移殖した方が良いです。

ちょうど以前修理の際に入手した部品取り機が1台あります。

こちらの液晶を移殖します。

移殖前がこちらです。

移植後がこちらです。

はっきりくっきりしましたね。

あとは、ピンクのたまごっちも同じようにネジをなべネジに交換します。

今回は、潰れたネジ外し以外にも液晶交換という作業がありましたが、無事に2台とも遊べるようになりました。


ディズニードリームトイパッド 液晶タッチパネル割れ交換

ディズニーのドリームトイパッドプラスという商品です。

4.3インチのタッチパネル付きの知育玩具で各メーカーからソフトウェアをいろいろなキャラクターで開発し販売されております。ハードウェアは、OEM供給されているか基板のリファレンスデザインが公開されているようで、全くもって同じ基板に見えます。

今回のご依頼は、お子様が落として液晶を割ってしまったとのことです。

液晶を割ったといういうことで依頼があったのですが、厳密には液晶モジュール上層のタッチパネルが割れてしまったでした。

液晶の描画は正常で、タッチ操作のみできなくなっているそうです。

従いまして、修理をするには上層のタッチパネルを剥がし下層の液晶画面に影響が出ていないかを確認し、問題なければ上層のタッチパネルのみを新品に交換します。

もし、下層の液晶にも傷などは及んでいた場合は、丸ごと交換します。

結構、広範囲に割れています。

タッチパネルは割れていますが、描画は正常そうです。

では、分解し上層のタッチパネルを剥がします。

いつもの基板といつもの40pinのコネクタですね。

コネクタはセロテープで固定されているので剥がしてコネクタのツメをスライドさせてロックを外しケーブルを抜きます。

こんな感じになります。

おおお!

電池ボックスの電池間の渡りにやはりヒューズが仕込んでありますね。いいですね!

液晶モジュールは表面の筐体にスポンジの両面テープで貼り付いているので筐体からも慎重に剥がしてください。

画像の上が、タッチパネルが割れた液晶モジュールで下が交換するタッチパネルです。

ホットカッターで周辺の貼り付いた糊を温めながらゆっくり慎重に剥がします。

ホットカッターの刃が液晶面に付かないように作業します。

先に、タッチパネルのケーブルは、ニッパーなりでカットしておかないと作業途中でケーブルが邪魔になります。

傷なく綺麗ですね。

では、タッチパネルの張り替えで作業しましょう。

残ったケーブル部分は、カプトンテープで養生されており、ケーブル同士の電極も半田付けされているので、充分熱を与えて溶かさないとなかなか剥がれません。しかし、熱し過ぎると今度はケーブルを痛める

また、アルミの液晶カバーの周辺に両面テープの糊の残りもあるので、綿棒なりに剥がし剤をしみこませこすり剥がし綺麗にしておきます。

この時点で再度液晶の描画を確認します。

タッチパネルの剥がし作業などの最中で液晶機能に問題は出てしまう可能性もありますので、描画に何か問題が出ていた場合は、液晶モジュール全体の交換に方針転換となります。

タッチパネルの電極の位置合わせと液晶の描画範囲のアライメント調整をしつつ貼り合わせます。

貼り合わせに成功したところで、本体に装着します。

固定用のスポンジ両面テープは別途新品のテープを用意して貼りつけておきます。

本体内部側へ湾曲し撓むため無理な力が掛からないように位置合わせてし電極以外の部分を薄手の両面テープで貼り合わせます。

最後に半田を離し込んで電極を接続します。

無事タッチパネルの交換作業完了です。

動作確認

問題ありませんね。

またこれで楽しんでもらえます。


対応もとても早く、届いたおもちゃも綺麗に治っていて大満足です。

タカラトミーに問い合わせても修理対応していない商品と言われてしまい困っていたので、本当にとても助かりました。

~依頼者のご感想より~

たまごっち 潰れたネジ外し

依頼者様が探していたたまごっちをオークションで見つけ購入されたのですが、ネジが固く潰してしまったとのことです。

このシールは、標準で付いているシールでしょうかね?

お相撲さんのたまごっちでしょうか?

さて、ネジの状態を確認します。

どちらも完全に溝が潰れていますね。

かなり抉ってかんばったようでネジ穴周辺の傷もみえます。

まず、感触を確認したのですが、すぐ分かったのは、適切なサイズの精密ドライバーを使用されていなかったのが原因のひとつのようです。

恐らく、サイズの大きなドライバーを使ったようです。

というのも、手持ちの#0の精密ドライバーでは、画像の奥に若干みています溝に噛み込みます。

なので、サイズの大きな+ドライバーで溝の上を削ってしまったということになりますね。

まぁ、それ以外にもかなり固くねじ込んであるので、開封はとてもたいへんでした。

かなり固かったです。

途中でネジが折れないかヒヤヒヤしながら作業します。

少しづつですが、出てきました。ここまで出てくればもう大丈夫です。

こちらは、もっとたいへんでした。

もうびくともしなません。

力のバランスを誤るとネジが折れそうです。

しかも鉄製のネジなので、とても柔らかくどんどん削れてしまいます。

格闘すること30分、無事に新たな傷をつけることもなく無事に外せました。

ただ、ボタン電池がですね、、、。

液漏れで電極はもちろん本体内部にも粉が散らばっています。

こりゃたいへんだ。

あ”~。

まずは、アルコールや接点復活剤で表面的な汚れや異物を除去します。

酸化膜で導通も抵抗値がありますね。

ここからは、ルーターのブラシと研摩刃で研摩します。

特に突起部の電極との接触部は抵抗値を確認しながら研摩作業します。

ボタン類の感度も確認し接点を軽く接触を回復させ、また本体内部に入り込んだ液漏れも粉も綺麗にお掃除します。

各所の汚れも綺麗にして修理完了です。

動作確認

問題ありませんね。


迅速かつ丁寧な対応まことにありがとうございます

どうしてもねこっちやちゃりっちと再会したかったので

本当に助かりました

~依頼者のご感想より~

タカラ ルシールパレット バネツメ折れ修理


こちらの商品ですが、20年前ぐらいまだ幼少期の頃に母がプレゼントしてくれてその当時も、何らかの原因でシールに印字がされず泣く泣く諦めていつの間にか手放してしまいました。

最近、オークションサイトで新品未使用品を見つけ懐かしく思い、購入しましたがやはり印字されず。

昔の商品なので期待はしていなかったのですが、幼少期の頃の記憶と重なりとても残念に思いました。

どうにかして使えないかな?と色々検索していたところ、おもちゃ病院様の記事を見つけ今回の経緯となりました。

結果、大満足です。

やり取りも大変親切で、修理費用もかなり良心的。

何より流石の職人技です。

20年以上前の商品なのに、バッチリ使えるようになりました。この商品は特に思い入れがあったので、使えるようになり本当に嬉しいです。

これからも大切にします。

今回ご縁があり、大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

~依頼者のご感想より~

当院では、旧タカラ製のルシールというテプラの印刷機の修理依頼があるのですが、今回のパレット式のルシールが、全く違う県にお住まいの方から同時期に修理の依頼がありました。

全くの偶然だと思うのですが、ルシールという商品でかつパレット式という偶然です。

さて、今回の依頼も金属製のバネが折れて取れているということです。

従いまして、印字もできません。

覗き込むとやはりツメが折れてブラブラしていますね。

では、折れたツメの補修を行い修理しましょう。