ソニー トーキングカードプレーヤー CP-1100 ゴム系部品交換、磁気ヘッドアライメント、ボリューム交換

CP-1100

ソニー トーキングカードプレーヤー CP-1100 ゴム系部品交換、磁気ヘッドアライメント、ボリューム交換

久しぶりに使用したところ、カードのスライドが途中でとまったり、再生音のこもりがあるそうです。カードのスライドは、経年劣化によるゴム部品の交換が必要ですが、再生音の不具合は、要因が多岐に渡るので調査が必要です。早速診断します。

ゴムベルト

ゴムベルトは、固化が進み曲げ癖もついてしまい、完全に滑っております。また、ゴムローラーも表面の固化とテカリもありますので、一式交換します。

ゴム系部品

ですが、金属のスペーサーを外す際にM2ネジを緩めるのですが、溝がつぶれていました。交換をしますが、以前に修理やメンテナンスのために開封をされかもしれませんね。

M2ネジ

当医院には、交換できるネジを在庫してはいるのですが、以前調べた際に、ネジの規格、特に長さと頭も幅で使用できるネジが見つからなく苦労した記憶があります。

CP-1100は、このネジの規格を間違うと再生時に筐体に干渉しゴムローラーが回転できなくなります。

次に、磁気ヘッドのモジュールを確認します。

磁気ヘッドモジュール

特段調整痕らしきものはないのですが、ゴムローラーを交換しますので、再生確認をします。今回の案件は、初期ロットのCP-1100で、モーターの再生速度が調整できないタイプでした。カードの再生速度計測したところ、若干ではありますが速めになっております。ですが、前述のとおり、再生速度の調整は困難なモーターの形式ですので、再生速度も許容範囲でしたので、今回は現状のままとしました。

さて、磁気ヘッドのアライメントですが、やはり狂っており、現状最前な状態まで調整の努力はしましたが、再生音のこもりは残ってしまいました。特にカード再生の後半でどうしても吸収しきれないズレが残りました。

ボリュームもガリが出ておりましたので交換します。以上で修理完了となります。


カードも、数十年ぶりに聴くことが出来ました。 この度は、どうも有難うございました。

~ご依頼様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1000 ゴム系部品交換

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1000 ゴム系部品交換

カードのスライド不良のため正常に再生できないとのことで修理のご依頼がありました。

ゴム系部品の交換が必要なのですが、今回の案件は、溶解まで至っておらずゴムベルトの取り外しは幾分容易でした。

三つ編み!?

状況を確認すると、まだ溶けるまで劣化が至っておらず、ベルトが伸びて外れた際に絡まって三つ編みみたいになっておりました。

一連の内部清掃を行います。

内部清掃

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1200 パワーアンプ コンデンサー交換 磁気ヘッドアライメント

CP-1200

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1200 パワーアンプ コンデンサー交換 磁気ヘッドアライメント

トーキングカードが、正常にスライドできなく再生もしないとのことで修理のご依頼がございました。昭和55年とメモもあり、私が小学校に入学した頃の製造のようです。

カードで手でスライドさせると、何かしらの音がスピーカーから出ているとのことなので、CP-1200あるあるのスピーカー故障は、”今のところ”はなさそうですね。

割れ欠け

これもCP-1200あるあるですが、筐体のプラスチックがすごく割れやすいです。経年劣化も要因にあるのですが、他の機種に比べ、かなりの割合で角の割れがあります。

トーキングカードの再生に支障が無ければ、筐体の割れはそのままとしております。※パテ盛り研摩、サフからの調色塗装となると、もうかなりの工数になりますので、、、。

さて、肝心のカード再生不良ですが、ゴム系部品の経年劣化はもちろんなのですが、お問い合わせ時に音が出ていたはずのスピーカーが故障しておりました。というか、筐体に収まっている状態では、音が出ますが、筐体から外すと音が出ません。調べてみたとこと、ボイスコイルに断線が起きており、筐体に収まった状態で上部から抑え圧がある場合は、断線部分が接触しており、筐体から外すと断線部分の接触が離れてしまいます。スピーカーを外して、指で押し込んでみると、音出ており、指を話すと音が出ません。

ボイスコイル断線

CP-1200あるあるなのですが、本当にこの楕円のスピーカーは断線が多いです。

次に、トーキングカードの再生音がかなり小さくなっております。ゴム系部品の交換前の調査なので、まだ何ともなのですが、カードの再生音が小さくなっておりますので、何かしらも故障がさらに起きています。CP-1200でよくある要因として以下となります。

  • 磁気ヘッドアライメントが狂っている
  • プリアンプとパワーアンプのカップリングコンデンサーの容量が抜けている

全く音が出ていない場合は、プリアンプのトランジスタが故障(hfeの極端な低下)している場合もあるのですが、今回は音が小さいだけなので、プリアンプのトランジスタは生きているようです。

まず段取りですが、まずゴム系部品を一式交換し再生テストをします。

のびのびのゴムベルト
ゴムローラー
プーリー清掃
ゴム系部品

伸びきってしまったゴムベルトと表面がツルツルテカテカに固化してしまったゴムローラーを交換します。ここで再生テストをしますが、やはりカードの再生音自体が小さいのと、カード再生冒頭部分が再生しません。これもCP-1200の故障あるあるで、これもアンプの電源コンデンサーの容量が抜けが原因となります。

スピーカーと電解コンデンサー

ここまで交換部品を交換し再度の再生テストを行います。まだ、再生音量が小さく磁気ヘッドとそのモジュールを目視確認すると、ヘッドの摩耗の影響で正常にカードの磁気テープが読み取れていないことが判明しました。

磁気ヘッドの摩耗

アライメントと取り直しに挑戦しますが、完全な修復はできませんでした。ヘッドの摩耗の確度が、垂直から角度をもっていたため、磁気ヘッドのZ軸方向に最適な合わせが困難を極めました。まずは、最終調整後の動画をご確認ください。

カード再生の最後にカードが跳ね上がるのが分かると思います。この逆上がりのような跳ね上がりは、カード自体の紙の劣化の程度によって程度の差はありますが、一番の要因は、先の磁気ヘッドの摩耗による要因が一番大きいです。

本来、磁気ヘッドの読み取り部に垂直に磁気テープが当たればいいのですが、奥から手前に確度をもった摩耗があるので、カード自体も確度を持たせてスライドさせないと正常な音量となりません。※そのため、当初は音量が小さくなっておりました。

磁気ヘッドモジュール

磁気ヘッドのモジュールもある程度は、確度調整ができますが、限界もあり、それ以上い当たりをだしたい場合は、無理に押し付ける必要な出てきます。多分ここまでお読みなった方であればおおよそ推測できるかと思いますが、磁気ヘッドを正常位置よりさらに押し込むように調整すると、カードが筐体のスリットと干渉し始めカードの磁気テープが確度と持ち磁気ヘッドにあたるようになります。その確度を利用して可能な限り実用的な音量になるように調整しました。

本来、調整不可能となる事案でありますが、大切に保管をされたお品物とお聞きもしておりましたので、何とかご使用に耐え得るまで頑張りました。

表面
裏面

以上が、修理のご紹介となります。ゴム系部品交換を含む各所調整など、故障不具合箇所が多岐に渡りましたが、無事稼働できるまで修理できました。


ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 ゴム系部品交換と磁気ヘッドアライメント

CP-1000

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 ゴム系部品交換と磁気ヘッドアライメント

当医院ではお馴染みのソニートーキングカードプレーヤーCP-1000の修理のご依頼です。トーキンカードが、正常にスライドできないために再生不良を起こして居られるとのことです。早速開封して状況を確認します。

ゴムベルトの溶解

CP-1000では、よくあるゴムベルトの溶解です。また、プーリーもグリスが粘着しており固着回転できなくなっておりました。

ゴム系部品

溶解してゴムベルトは、綺麗に取り除き、残存してゴムも綺麗に溶剤で拭きとり洗浄します。ゴムローラーは、表面の固化と長期間の保管でピンチローラーの押し込みの凹みができておりますので、こちらも交換が必要です。毎度ですが、溶けたゴムベルトの洗浄は、たいへんです。

各所の洗浄

綺麗に洗浄・清掃できたところでゴム系部品の交換を行い再生確認を行います。

交換完了

さて、動作確認を行いますが、カード再生途中で音が籠ります。また、再生速度が遅くなっております。速度調整は、すぐ対応できるのですが、音の籠りは原因を探します。

どうも、磁気ヘッドのアライメントが狂っていたためカードのスライド走行中に狂いが出ていたようです。調整を行いますが、調整ネジが緩んだような形跡(ネジ止めされていたにも関わらず、ゆるゆる)があったので、何かしらの要因でずれたようです。

再度調整を終え修理完了です。


ソニートーキングカードプレーヤーCP-1000 ゴム系部品交換

CP-1000

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1000 ゴム系部品交換

ご自身で開封をされゴムベルトが切れていることをご確認したところで修理のご依頼がございました。手でスライドをさせると音が出ているとのことなので、再生系の致命的な故障はなさそうですね。

実は、同日に同じCP-1000のご依頼があったのですが、症状も同じゴム系部品の不具合でした。

ゴムベルトの溶解

まぁ、瓜二つのような光景でした。シリアル番号からも同時期製造で同じ品質の部品を使用するとやはり故障の症状も同じようになるのですね。

さて、こちらもゴムローラーの固化が見られるので、ゴム系部品一式総交換です。

ゴム系部品

プーリーのグリスも洗浄します。

固着グリス

プーリーの溝も綺麗にアルコール洗浄します。

プーリー洗浄

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1100 ゴム系部品交換

CP-1100

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1100 ゴム系部品交換

カードの再生速度や音程などが不安定ということで修理のご依頼がございました。

お受け取りし動作確認を行うとやはりカードのスライド途中で滑ってしまっております。

ゴム系部品

かなり劣化が進んでおりカチコチに硬くなっており、プーリーもカードも滑っておりました。

今回は、ボリュームの低域箇所にガリノイズが出ておりましたので、ボリュームも新品に交換します。

ボリューム(旧:左、新:右)

CP-1100は、プーリーと支柱が干渉してノイズを発する不具合があるので、その対応もしております。

干渉支柱
一式清掃

さて、交換部品の作業と清掃も終え次に再生速度のチェックをします。

再生速度は、取り扱い説明書にも記載されている、2.4cm/secで確認できるテストカードとその時の周波数を測定しチェックします。幾分、早くなっております。聞き覚えのあるカードなら、あら早口!?と分かる程度です。厳密には、20Hz程高くなっております。

ですが、ここで問題が出ました。

モーター

この手の開発や設計を行った方ならご存知かもしれませんが、初期のCP-1100は、調整ツマミがモーターの筐体内部のコイルにツマミネジが2つあります。筐体内部なので、アルミカバーをこじって開けて回して取り付けて、違ったらまた外して調整しての繰り返しとなります。さらにアルミのカバーも無事外せるかも鍵になります。ツマミでの調整は、破損のリスクもあったので、最終案としてご依頼者とご相談の結果、現状のままとのことになりました。

では、カーバーを外さなくても回転速度を吸収できるよう、ゴムローラーの径が少し小さいサイズで交換してみます。※ちょうど、2種の径サイズのゴムローラーが運よく在庫しておりました。早速交換をしてみると、先の20Hzの差は、10Hz程にまで吸収できました。

自分の耳でも聞き慣れたカードでは、その差はほとんど分からないレベルになりました。これで、アルミのカバーを外さなくてもよくなりました。


40年程前に聞いていたカードの音声と同じ音声が聞けて感無量です。

閉まってあったプレイヤーを久々開いて再生した時は、音も切れ切れでうまく聞こえず、もう駄目かなぁ〜と諦めかけておりましたが、おもちゃ病院の瀧下様に繋がり、修理していただいて生き返りました。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 CP-1000 ゴム系部品交換

ソニートーキングカードプレーヤー

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 CP-1000 ゴム系部品交換

ソニートーキングカードプレーヤー 2台の修理のご依頼がありました。それぞれ中古で入手されたとのことで、どちらもカードのスライドが途中で止まってしまうとのことです。それまでは、スピーカーから音は出ているとのことなので、駆動のゴム系部品の劣化と思われます。

ソニートーキングカードプレーヤーは、CP-1000とCP-1100のご依頼が特に多いのですが、どちらもトーキングカードを再生できるのですが、顕著が機能の違いとしては、CP-1000は、再生音量の調整がほぼできません。

画像のニコニコ笑った😊マークが、音量の切り替えボタンなのですが、製品仕様上切り替えても音量は、ほとんど切り替わりません。気持ち変わったかなというレベルです。また、音量大側にすると、音割れがあるような大音量になる点もあります。そのためか、後継機のCP-1100では、音量のツマミがついて、大小の調整ができるようになりましたが、一方オーディオ機器あるある故障のボリュームのガリノイズが経年の仕様で発声してしまいます。

さて、前置きは、このぐらいにして早速CP-1100から着手します。

CP-1100

ご依頼の通りですが、カードのスライド途中で滑って止まってしまいます。それまでの再生音は、スピーカーから音は出ているので、増幅回路の不具合は出ていないようですね。

ゴムローラー

表面がテカテカのツルツルになっています。取り外してみると見事に固化してプラスチックのように割れるほどになっておりました。もうゴムではないですね。

ゴムの固化

こちらの情報によると、どんなに適正管理ができたとしても10年程が限界のようですね。

ゴムベルト
ゴム系部品

ゴムベルトも伸びてしまっておりましたので、ゴム系部品の総交換とメンテナンスを行います。

メンテナンス

再生速度とテストカードを使用して計測調整し、今回は、ボリュームのガリノイズは出ておりませんでしたので、ゴム系部品の総交換と調整メンテナンスで修理完了です。


次にCP-1000に着手します。

CP-1000

こちらもカードのスライドが途中で止まってしまいますが、それまでの音声はスピーカーから音は出ています。

ゴム系部品

ゴムベルトが伸びきっているのと、ゴムローラーも固化しておりますね。こちらのゴムローラーは、スペーサー無しの機種でした。

ゴム系部品とプーリー

ゴム系部品の総交換とグ古いグリスも洗浄し再添加します。

修理完了

CP-1000の再生速度は問題なかったのでこれにて修理完了です。

音量大

と、ここで動画をご確認いただいた、ご依頼者様よりご質問がありました。CP-1000の動作確認用の動画は、音量大側にて撮影をしました。

ご依頼者様よりCP-1000の再生音が大きく音割れがしてしまっているのはなぜかというご質問をいただきました。CP-1100と比較すると、音量の調整はできない機種であることと、音量の設定値は、そもそもの製品の仕様であるので、現状が製品の仕様レベルとなります。以前、CP-1000を修理した際にもあったのですが、この音量は何とか調整できないかと考えておりました。

製品内部の基板に音量の基準量の調整ツマミ(可変抵抗)があるのですが、そのツマミを調整すると、音量低側の音量も一律に低くなってしまうのと、以前、修理の際に調整を試みた経験があるのですが、そもそも、そんなドラスティックに音量の基準値も調整できませんでした。

この点をご説明したところ、製品仕様であるならばということで、現状のままということでご了承いただきました。

音量低

以上で、今回ご依頼をいただいた2機種の修理は完了です。


思っていたよりもずっと早く直していただき、 きれいな音になって、帰ってきたので感動しました。

修理に出さずに悶々としていた時間が馬鹿らしく思えました。

せっかくよくなって帰ってきたのですから、 たくさん子供に使ってあげたいと思いました。

作業のプロセスも丁寧にご説明いただき、ありがとうございました。

~ご依頼様のご感想より~

いずみ書房トーキングリピーターDX リミットスイッチ修理

トーキングリピーターDX

いずみ書房トーキングリピーターDX リミットスイッチ修理

カードの読み取りができない中古品を購入されたそうで、やはり動作確認しても読み取りができないとのことでご相談がありました。※カードプレーヤーですので、有料修理ということでご依頼を受けました。

さて、以前にも同じ症状のトーキングリピーターDXを拝見しましたが、同じカードの挿入を検知するリミットスイッチの接触不良でしょうか。

リミットスイッチ

やはりこのリミットスイッチの接触不良でカードの挿入が検知できておりませんでした。同じ規格のリミットスイッチが入手できないので、この状態で何とか復活できないか検討します。まず、小手先となりますが、接点に接点復活剤を流し込んでスイッチのON/OFFを数十回繰り返します。案の定、接触は復活し安定してカードの挿入を検知するようになりました。

ですが、他の修理案件の記事でもよく触れますが、この手の接触不良は、ほぼ再発します。心配なので、数日の間、一日おきに動作確認をします。

では、翌日動作確認をしてみると、見事に接触不良が再発しておりました。新たに策と検討します。

その1.リスクを伴うスイッチ清掃

基板からスイッチを取り外し分解し内部の電極を直接掃除研摩できるか挑戦します。ですが、元々分解するようなスイッチではないので、分解作業に際し破損 してしまう危険性が高いです。そうなってしまった場合は、もうこのスイッチは使用できなくなってしまいます。

その2.検知スイッチを代替えの押しボタンで外付けする

カードの検知スイッチが接触不良を起こしているので、カチカチと音のする押しボタンのスイッチを本体上面に接着しカバーに穴をあけ導線を通して接続固定します。故障したスイッチの代わりにこの押しボタンスイッチで代替えするのですが、運用面で機能をカバーしていただく必要があります。
カードを差し込み、そのままでは音声は流れません。押しボタンを一度押すと音声が流れます。元々のようにカードを挿入すると自動的に音声が流れるのではな く、カードを差し込んだ状態で押しボタンを押すということになります。

以上を踏まえ段取りを組みます。


まず、分解せずにフラックスリムーバーをスイッチ内部に流し込み内部の取れる汚れを除去します。充分流し込めたところで溶剤を揮発させ、再度接点復活剤を流し込み、また数十回ON/OFFを繰り返します。この時点でカード検知は、復活している前提で、3日程度、再度カード検知不良の再発が現れるか動作確認(連続10回のカード再生)する。現れない場合は、修理完了とする。※ただしですが、今後も引き続きこの状態が安定するという保障はないのですが。。。


もし①でカード検知不良が再発した場合は、前述のその1のスイッチの分解洗浄研摩に挑戦します。そこで回復できた場合は、修理完了とするが、スイッチの破損やそもそも分解をしてみ復活できなかった場合は、 以下の③を行う。


元々のカード検知スイッチの代わりに押しボタンのスイッチを本体上面に接着取り付けします。カードを挿入し押しボタンを押すことで音声が流れますので、運用の面で前述の操作が必要になることのご了解をしていただく前提となります。

動作確認結果

無事、①の段階で一日おいてもカード検知不良が全く現れなくなりました。ということで、リミットスイッチの分解掃除も増設スイッチも不要となりましたが、修理完了です。


最初から最後まですごく丁寧に対応して頂きありがとうございました。

初めておもちゃ病院を利用したので初めは凄く不安な気持ちがありましたが、 作業の状況報告(写真や動画付)、途中で動かなくなってしまった時に報告と次の作業内容の提案など細かくわかりやすく連絡して頂き凄く分かりやすくとても安心しました。

またオモチャに不具合があったら利用させて頂きたいです。知人にも教えたいと思います。 本当にありがとうございました。

~ご依頼様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 ゴム系部品交換

CP-1100

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 ゴム系部品交換

トーキングカードの読み取り再生ができなくなってということで、修理のご依頼がありました。

トーキングカードの故障でよくあるゴム系部品である、ゴムベルトが伸びきってしまいプーリーを駆動できなくなってしまっているのと、ゴムローラーも表面の摩耗で固化しツルツルになってしまっておりカードをスライドできるだけの摩擦もなくなっておりました。

ツルツル
ゴム系部品

ゴム系部品のまるごと一式交換を行います。各駆動系の各所を分解しアルコール洗浄とグリスアップをします。

分解清掃
ゴムベルト

CP-1100ですが、初期のロットでは、本体内部の支柱がプーリーに干渉するための支柱削りがなされておりません。

本機も干渉部分が削り取られていないため駆動時に干渉ノイズが出ておりましたので削っておきます。

支柱との干渉

また、ボリュームもガリノイズが出ておりましたので交換をしておきます。この手のボリュームは、接点復活剤では一時的には回復しますが、ひと月もするとまたガリノイズが復活しますので、ボリュームの交換が必要です。

CP-1100用のボリュームですが、筐体のくぼみと取り付け高さ、ボリュームツマミのローレットの深さにすっぽり合う規格のボリュームを使用しているのですが、このすっぽり合うボリュームは専用品のようで市場では入手できません。当医院では、干渉部分を加工し取り付けできる部品を用意しておりますので交換をしておきます。

一連の作業も無事終え動作確認を行い終了です。