ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 カード磁気劣化

CP-1000

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 カード磁気劣化

CP-1000の修理記事ですが、トーキングプレーヤー用カードの磁気の劣化についてし紹介をします。

今回の修理は、ゴム系部品の交換にてハードウェアの修理は完了できたのですが、カード側の劣化については、劣化の修復は不可能という内容になります。

ゴムベルト溶断
ゴムローラー交換

ゴムローラーは、かろうじてまだカードを引き込める程度の弾力と摩擦が残っておりましたが、ご依頼様とご相談をしまして全て交換することになりました。

さて、磁気カードを再生する全てに共通するのですが、経年による劣化はどうしても避けられません。ハードウェアの場合、部品の交換をして復活はできますが、記録された磁気の修復は不可能です。

発売から20年から30年という月日が経過しているので、往年のカセットテープをご存知の方なら容易に想像できますが、記録された磁気テープの劣化は避けられません。

特に、トーキングカードにおきましては、メロディ系の記録された音楽が歪んでしまい、目視レベルでは、カードに問題なさそうでも、記録された磁気に劣化影響が出ていることがあります。

ハッピーバースデーのBGMとして流れている音楽だけが歪んで聞こえます。当初は、ハードの修理起因かと思い込み、他の機器でも確認したのですが、同じようにBGMのメロディのみ歪んで聞こえており、ハード起因ではなくカード起因の現象でした。

実のところ、なぜ音声は正常でメロディのみに歪み出てしまうのか、原因は不明ではありますが、カード起因として考えられるのは、やはり磁気の劣化ではないかと思われ、現状以上の対応も取れない状況となります。

当医院での修理を承る際ですが、ご依頼様のカードを動作確認用としてお預かりしています。ですが、流石にお持ちの全てのカードの再生を保証できるものではありません。特に、今回のような磁気に劣化のあるカードや、折り目のあるカード、テープ部分の剥がれてしまったカードは、再生に問題が出てしまいます。この点は、再生不可能としておりますので、ご注意ください。念のため、ご依頼時の注意事項としても掲載をさせていただいております。


ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 乾電池 腐食修理

CP-1100

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 乾電池 腐食修理

今回は、劣化ゴム部品の交換は、もちろんでしたが、乾電池の負極側腐食修理について紹介をしたいと思います。CP-1100は、単一乾電池4本にて動作をするのですが、動作に問題があった場合、乾電池に問題があるかもしれないという内容です。

通常何らかの不具合があった場合、電池の容量不足かもしれないので、新品の乾電池に交換して動作を見ていただきたい旨は、日頃より皆様にお願いはしております。ですが、持ち主様におかれましたは、気づかずお持ちの古い乾電池で使用してしまうケースもあります。

今回は、電池を入れても動かない理由に、電池の容量不足の他に導通不良もあった事例です。

負極の錆び

およそ10年以上も前に製造された乾電池です。ご自宅にあった乾電池を新旧も確認されず使用してしまったのですが、残念なことに負極の錆びによって導通しておりませんでした。

動いていないのは、本体に原因があると思いこんで修理を依頼された場合、残念ですが、故障ではなく新しい乾電池にすると動いてしまいます。

当医院は、宅急便を利用するため、無駄に往復の送料が掛かってしまうかもしれません。幸いに、今回の修理はゴム部品の交換も必要でしたので、そのような事態にはなりませんでしたが、新品の乾電池で動作確認をしてみるという意味合いの良い説明事例になりました。

この記事をお読みになられた皆様におかれましても、動作しないのは、もしかすると乾電池に問題があるかもしれないと頭の片隅にでも置いてください。


使えるようになって、嬉しいです。有り難うございました。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1100 支柱干渉

CP-1100

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1100 支柱干渉

ご依頼の内容は、カード再生不良とのことで正常にカードが送れていないことによる再生不良なのですが、ゴム系部品の交換で再生機構の修理は完了させてます。

交換ゴム部品

さて、今回は、件名にもありますように支柱にプーリーゴムが干渉し異音を発している事象について紹介します。今回の修理では、プーリーゴムを交換した際に干渉ノイズが出ておりました。

問題の支柱

プーリー用のゴムベルトを交換する際、純正のゴムは既に入手できませんので、別途用意している旨は、当医院のホームページでも紹介していますが、実はこのプーリーゴムですが、CP-1100では、筐体のネジ止めの支柱に干渉するのですね。

当医院では、数多くのCP-1100を拝見しておりますが、製造段階で支柱の干渉部分を手作業で削った跡があるので、恐らく筐体設計後に発覚した不具合と思われます。

ひとりごと

開発者:筐体のサンプルが納品されたから動作検証しましょう

検証担当:何か再生時に異音がします。調べてみたら、プーリーのゴムが支柱に干渉して擦れて音が出ています。

開発者:なにー!どれどれ、、、なにー!!!ど、ど、どうしよう。。。リーダーに相談しよう。

リーダー:予算的にもスケジュール的にも今更筐体設計をやり直せない。仕方ないので、工場のラインの人に手作業で干渉部分を削ってくれと頼んでくれ。

というわけで削ることになったのかなと推測しました。でも、この削り量は、たぶん担当者の目分量なんですよね。なので、今回に見たいにプーリーゴムを交換すると削り量が少ない場合、再度干渉が再発するといった具合です。

無事干渉ノイズも解消され、動作確認も無事すみました。メデタシ、メデタシ


早速電池を入れてカードを挟みました。そうそう、こんな音だったと懐かしかったです。とても昭和な音ですね。 35年以上前のものなのでカードのほうも出番の多かったものは音がよれよれでしたが、乾燥を保てたほうのカードは問題なく音が聞けました。 お陰様で孫が来たら一緒に遊べます。迅速丁寧な修理ありがとうございました。

~ご依頼様のご感想より~

ソニーカードリピーターCP-55 カップリングコンデンサ交換

ソニーカードリピーターCP-55 カップリングコンデンサ交換

カードを差し込んだ際、電源LEDは点灯するが、カードの引き込みができず読み取れないとのことです。

内部の状態も非常に良好だったのですが、経年によりゴム部品が劣化して交換を行いました。

状態も良好
劣化ゴムローラー

ゴムローラーの劣化は、大きく三つに分類されます。

  1. ゴムが摩耗して物理的にカードと接触できず摩擦がない
  2. ゴム表面がプラスチックのように固くなり滑っている
  3. 膨張しボロボロに破損している

使用頻度が多いと1番の摩耗が多いのですが、大事に保管しているような場合は、2番や3番のような状態が多いです。特に3番の膨張し破損した場合は、磁気ヘッドにゴムがこびり付き、時には再生音声の品質に影響を残しています。どちらの場合も交換を行いますが、2番のケースにて表面を紙やすりで荒くするといった事例を他サイトで拝見したりますが、お勧めしません。直ぐにまた不具合が再発してしまうと思います。

固化ゴムベルト

さて、今回の修理案件では、件名にもあるようにカップリングコンデンサを交換しました。

CP-55では、よくあるのですが、プリアンプ以降の結合コンデンサの容量抜けが多いです。音が小さいや出ていない場合は、ほぼコンデンサの容量抜けが原因でした。

コンデンサ交換

オーディオ機器の音質改善でコンデンサを全交換する事例をよく拝見します。容量変化に伴う定数変化にてフィルター係数が変わってしまうためなのですが、カードリピーターにおいては、いってもカードの音声を再生するレベルなので、最低限の音声が出力されるところまでの目標にしています。なので、パスコン関係もそのままえです。

交換後無事音声の再生も確認でき修理完了です。


ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 液漏れ清掃と劣化ゴム部品交換

CP-1100

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 液漏れ清掃と劣化ゴム部品交換

今回は、CP-1100の修理依頼となりますが、液漏れについて少し触れたいと思います。

修理のご依頼時は、カードの流れっが悪いとのことでしたが、乾電池の液漏れが酷い状況に遭遇しました。

液漏れ

当医院をご利用になる場合は、ご使用になられている乾電池の同封をお願いしております。今回は、動作確認の際に気づかなかったということですが、白い粉も吹いております。

アルカリ乾電池の液漏れは、たいへん危険が伴います。強アルカリ性の液体で皮膚に触れると化学火傷を起こしますし、誤って目に入ってしまうと失明の危険性もあります。

多くは白い粉の状態で発見する場合が多いですが、液体のままだと上記のような危険性を伴います。

今回は、乾電池の製造年月日も2004年3月と16年前の乾電池なので、劣化による液漏れと思われます。本記事をご覧の皆さんも、アルカリ乾電池の液体のままでの液漏れに遭遇したましたら、気を付けるようにしてください。

無事ゴム部品の交換も済み修理完了です。

部品交換
ゴムローラー

とてもスムーズに動いています。 ありがとうございました。

~ご依頼者様のご感想より~

DWE(Disney World of English) プレイメイト SDカード 修理

プレイメイトとトークアロングカード

DWE(Disney World of English) プレイメイト SDカード 修理

過去に1,2度診察した経験はあったのですが、当医院では、診察の少ない機器となります。ソニー製トーキングカードプレーヤーと同じくカードを引き込まない故障ということでご依頼を受けました。※因みに、カードプレーヤーは、全般機種で有料修理となります。

さて、今回のご依頼を機にDWE教材を少し調べてみました。

プレイメイトには、2種あって、過去に磁気カードを再生するアナログ版のプレイメイトがあったようです。現在は、デジタル版のプレイメイトもあり、デジタル版は、カードに印刷されたバーコードを本体内蔵のリーダで読み込み、同本体に挿入されているSDカードに記録された音声を再生するという代物のようです。アナログ版のプレイメイトは、ソニートーキングカードプレーヤーと同じように磁気ヘッドで読み込んだ磁気情報をアンプで増幅し再生するものなのでしょうかね。英語教材として、今現在も販売がなされており、一式がかなりの高額のようですね。ただしかし、会員なら本体故障時に無償交換もしくは修理が無償受けられるサポート契約込みのようです。

今回、デジタル版のプレイメイトでかつカードの両面対応機種とのことです。ご依頼者様は、中古で購入され正会員ではないため、当医院にご依頼がありました。早速、状況を確認しましょう。

まず、到着した状態で電源を入れカードを差し込むと電源LEDらしき赤LEDが点灯します。カードを差し込んで検知スイッチのレバーがカードに当たる感触を認識しましたが、ゴムローラーは回りません。先程の電源LEDも、点灯したかと思うと、3回点滅をして消えます。???

本体内部

TIのDSPチップが、大きく目に入りますね。後述しますが、SDカードに保存されている音声データは、AAC形式なので、デコード処理処理にDSPが使われているのでしょう。さてさて、故障の原因を確認します。

まず、カードが引き込まないという現象で、アナログの磁気カードを再生する機種などの場合、ゴムが劣化して滑っていたりしますが、本体を開封してカード検知後の動作をみてみると、カードの挿入が検知できても、ゴムローラーはもちろん、駆動するモーターもうんともすんともな状態です。

はてさて、これはどうもデジタル版の動作仕様から解析しないといけないなと思っていたところ、何やら横でLEDがチカチカしています。カードを差し込むと点灯していた赤色のLEDが3回点滅します。これはなんだろう???

取り扱い説明書がないため、この点滅が何をいみしているのか不明です。ネットで、検索してみるとほぼ情報は皆無に等しいのですが、1件のブログで、どうもSDカードの検知エラーが起きた場合、3回点滅するという記事がありました。これではないか!しかも、そのエラーが起きた場合は、カードを引き込まないとのことで、症状が一致しました。

早速、SDカードの抜き差しを行ってみました。このプレイメイトには、SDカードのスロットが、2つあります。1番と2番のスロットがあり、2番に刺さった状態で送られてきました。2番での抜き差しや1番に差し込んでみても、変化がありません。

3回点滅

では、次にこのSDカードを調べてみます。こちらの記事を参照すると、Windowsでも認識できるファイルシステムとのことで早速ですが、確認してみました。SDカードの挿入は検知しますが、カードを認識しません。SDカードが破損しています。原因は、このSDカードが破損したため、先のLEDの点滅にもあるようにカードを引き込まない現象になったと結論付けました。

SDカード破損

以前、データ保存用のSDカードが認識しないことがあり、分解したことがあったのですが、流石に今回は、このSDカードを分解してまで原因を探るまでは断念しました。ご依頼者様へ原因をお伝えしたところ、代わりのSDカードを送っていただけることになりました。結果は、無事SDカードを認識するようになり、スタンドアロンカードも無事再生するようになりました。

実は、SDカードスロットについて少々手こずりました。

プレイメイトには、SDカードスロットが、2つありまして、1番と2番があります。何も考えなければ、恐らく皆さんも1番に刺すと思いますが、1番に差し込んでは、同じSDカードの認識エラーとなりました。はてはて???では、2番に差し込んでみると、無事音声再生します。

うーん、1番スロットは、故障しているのか、そもそもこのSDカードは、1番には刺してはいけないのか、情報が何もありません。ネットの時代でも検索してもそれらしい情報は皆無です。ということで、ご依頼者様とご相談して2番スロットに刺して使ってもらうことで合意しました。SDカードスロットは、こちらでその位置を確認できます。


どこに修理を出せば良いか困っていたのでとても助かりました。 無事に動くようになり、嬉しいです。 受け取り、配送の対応も早く、終始連絡がとりやすい状況だったので安心感がありました。 思い切ってお願いしてよかったです。 この度は大変お世話になりました。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 劣化ゴム部品交換

CP-1000

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 劣化ゴム部品交換

劣化ゴム部品の交換作業となりますが、ゴムベルトが溶解しており、除去がとてもたいへんでした。

溶解1
溶解2

ゴム製のベルトには、二つの劣化状況があります。ひとちは、伸びて固化して回らなくなったケースと、今回のような伸びて溶けて回らなくなるケースです。

固化した場合は、部品の交換で対応できるのですが、溶解した場合は、綺麗に除去する必要なあります。プーリーの溝に溶けたゴムが粘りついた場合、除去が非常にたいへんです。溶剤を使用するので、換気と素手に付かないようにします。

こ刮ぎ取る

この作業を疎かにすると、交換したベルトにまた粘着してしまい、再生に支障がでます。

交換ベルト
交換ゴムローラー

一連の部品交換と内部清掃を終え修理完了です。


ソニーリピートカードプレーヤー CP-33 ゴム部品交換

CP-33

ソニーリピートカードプレーヤー CP-33 ゴム部品交換

長期保管していたCP-33を使用するため可動したところ、電源は入るが肝心のカードを送ることができないとのことで、修理のご依頼がありました。

ソニートーキングカード系の一連の機器は、80年から90年代に発売され、英語をはじめとする知育教育を目的に開発発売されたハードです。音声の録音された磁気テープを差し込むと自動でスライドし録音された音声を楽しむことができます。関連のプレスリリース記事を発見できました。マミートーク同様にカードが現存するならば、ハードを廃棄するのはもったいないので、是非修理をご依頼いただき復活させてあげて欲しいですね。

前置きは、このぐらいにして作業を開始しましょう。

ベルトの溶断
ゴムローラー

機種に依存するのですが、部材を仕入れた時期によってゴムベルトは、伸びて固化して固まるケースとドロドロに溶けて切れるケースに分かれます。この溶けるケースが、本当にすごい厄介で、綺麗に取り払わないと新しいベルトを巻けないのです。洗浄用のアルコールも大量に使うし、このご時世アルコールを修理に使うのっていうのもありますし、、、。

ぬめぬめのぼろぼろ

さて、数時間をかけて綺麗にできたところで新しいベルトを巻き、ゴムローラーも交換、磁気ヘッドもお掃除をして動作確認をします。磁気ヘッドの汚れは、結構すごかったので、音質に影響があるかもと思っておりましたが、アルコール洗浄で大丈夫でした。

磁気ヘッド

今回は早々に修理していただき感謝いたします。

初めてのネットを通じての修理依頼で、故障の状況、修理代金や対応方法等、不安も大きく申込み前に色々悩みましたが、口コミ情報、サイト内容も感じがよかったのでお願いした次第です。

結果、細かく連絡をいただき、ストレスを感じることのない対応に満足しております。

特に、そちらが見える親切な対応に安心感がありました。

今後とも、何かありましたらよろしくお願いいたします。

~ご依頼様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 ゴム部品交換

CP-1000

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 ゴム部品交換

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000の修理依頼です。久しぶりにカードを再生したところ、テープが伸びたような再生音とのことです。早速拝見します。

CP-1000

CP-1000あるあるなのですが、CP-1000の修理依頼を受ける場合、1割の機種でほぼ新品の状態であったりします。今回もとても内部がきれいな状態ですが、やはりゴム部品は、経年で劣化して、ベルト部品は、伸びてしまい、ローラー部品は、表面が劣化し摩擦が無くなってしまいます。

ゴムローラー
ベルト交換

また、今回は、プーリー部のグリスも除去洗浄しておきます。

以上で、無事再生テストも問題なく修理完了です。


このたびは、迅速な対応、修理に感謝申し上げます。  m(_ _)m

機械自体がかなり古いもので、ダメもとで検索していたら、おもちゃ病院という文字が飛び込んできて、すぐにご連絡させていただきました。

それから、あれよあれよというまに修理も完了し、ご丁寧に作動復活の動画まで送っていただき確認できたことには感動致しました! 安心丁寧で、とても信頼できるおもちゃドクター様でした。

 本当にありがとうございましたm(_ _)mm(_ _)m

~ご依頼様のご感想より~