ソニートーキングカードプレーヤーCP-1000/CP-1100 修理

先日、同じ方からCP-1000とCP-1100の2台の修理依頼を受けましたが、同じ機種がまだあるとのことで先の修理に引き続きご依頼を受けました。

他の依頼者の方ではありますが、トーキンカードプレーヤーは現在でも現役で日本全国の各施設で使用をされております。

カードの絵柄のスライドする動きとそれにあわせた音声の再生が、とても効果的とのことでした。


CP-1000

やはり、ゴム系部品の経年劣化で駆動不良が起きていました。

劣化 部品の交換と各所のメンテナンスで修理完了です。

動作確認

CP-1100

筐体の印字文字も消えているぐらい使い込んでいらっしゃるようですね。

CP-1100もゴム系部品が劣化しております。

ゴムローラーにおいては、完全に硫黄分が抜けてプラスチックのように固化しております。

新品に交換します。

その他、各所メンテナンスを行い修理完了です。

動作確認

スムーズに動き、きれいな音が出ました。

ありがとうございました。

~依頼者のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1100修理

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1100の修理依頼がありました。

カードをスリットに差し込んでもカードのスライドが遅く再生速度も変ということです。

オカシイなり何らかの音がスピーカーから出ている点とカードもスライドしているところまで確認済みなので、モーターが可動しており、磁気ヘッドも磁気を拾えているようです。

ゴム系部品の劣化が起きている代表的な症状です。

ゴムローラーが固化し表面の摩擦で照かっていますね。

金属製のスペーサーからもゴムローラーがズレてもいますね。

ゴムベルトも固化し伸びておりますね。

ゴム系部品は一式交換します。

先にゴム系部品を暫定交換し、その他の不具合がないかを確認します。

すると、磁気ヘッドのコアとカードの磁気テープとの密着に問題がありました。

稼働によりコアが摩耗し削れ隙間が開いてはきます。

そのため今回のような修理時にアジマスなど調整しできるだけ正常時に近くなるようにします。

ですが、どう調整してもヘッドと磁気テープとの間が開きます。

ギャップが小さいので、現状でもカードを再生することはできるのですが、動作確認で使用したカードがほぼ新品に近い良好なカードでした。

紙面の劣化が進んだカードで再生品質の不良が起きかねません。

以前にも落下などの衝撃でフライホイール軸のフランジが曲がってしまい同じ症状を発したことがあります。

調べてみると、本機に若干ですがフランジの曲がりがあります。

矯正し磁気ヘッドの当たりを確認するとギャップも解消さました。

また、今回はカード検知スイッチも若干の抵抗値(数百Ω)をもっておりましたので、リレースイッチを分解し接点を研磨します。

目視上は、これといった不具合はありませんでしたが、接点を研磨したところ、抵抗値もなくなり反応良好になりました。

その他箇所もメンテナンスを実施します。

劣化したスピーカー受けのスポンジを交換します。

各所の導線止めテープも新品にしてネジ止めします。

動作確認

動作確認も問題ありませんね。これにて修理完了です。


修理していただいたtalkingcardPlayer届き、使用して見ましたが私が使っていた当時と同じ感じに戻っていて感動し母と喜んでおります。

汚れも取っていただきありがとうございました。

40年くらい前のおもちゃですが、私の子供も喜んで遊んでおります!

3世代にわたって使用できることに感謝し大切にします!

この度はありがとうございました。

~依頼者のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1000/CP-1100修理

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000とCP-1100の2台の修理依頼がありました。

カードを引き込み再生しないとのことです。

どちらもカードをスリットに差し込むと本体内部でモーターの回る音がしており、ゴムローラーの溶解も目視上なくカードを手で押してあげると、おかしいなりにスピーカーから音声が再生されるとのことです。

ここまで事前確認できると、致命的が故障が恐らくなく、ゴム系部品の経年劣化が主因の故障と予想できます。

では、早速診断しましょう。

CP-1000

モーターのカラカラ音が対象ノイズ交じりです。

電池ボックスの負極のバネに多少の錆が上がっておりますので、ルーターのブラシで研磨しておきます。

CP-1000あるあるですが、ゴムベルトが溶解しておりますね。

最近、オーディオ系のYouTuberの方のSONY製ウォークマンの修理動画を拝見したのですが、ウォークマンでも使用されている同じゴムベルトが同じように溶解して切れていました。

同じ供給元からの部品なので、経年で同じように溶けてしまうんですね。

ただ、この溶けたゴムってとても厄介なんですよね。

アルコールでふき取り、残骸をこそぎ取りを繰り返してきれいにします。

大量のアルコールとキムワイプできれいにします。

約1時間ほどかけてここまできれいにします。

その他の箇所もメンテナンスしておきます。

本体内部で何か部品が取れてカラカラ鳴っていたのですが、このフライホイール軸受けが剥がれておりましたので接着しておきます。

これもCP-1000あるあるなのですが、右下のゴム栓が取れておりますので、これも新品の栓を接着して付けておきます。

フルメンテナンスなので、バラバラに分解し劣化してスポンジ類も総交換しておきます。

溶けたゴムベルトと劣化して表面がツルツルになったゴムローラーを交換します。

駆動モーターの速度をテストカードで確認し微調整します。

また、ゴムローラーを交換しておりますので、磁気ヘッドのアジマスを再調整して音声を確認します。

動作確認

問題ありませんね。

音質も良くすこぶる快調です。


CP-1100

CP-1100は、ゴム系部品の劣化で駆動不良が主因でした。

その他もボリュームのガリもなくフルメンテナンスで修理できそうです。

CP-1100は、グッドデザイン賞も受賞した商品で、私も好きな機種の一つです。

電子回路のアンプ部も電子素子の故障も少なく、設計者の手腕が見て取れます。

駆動モーターの速度をテストカードで確認調整し、磁気ヘッドもアジマス調整をして動作確認をします。

動作確認①
動作確認②

問題ありませんね。

CP-1000およびCP-1100とも無事修理できました。


ソニーリピートカードプレーヤー CP-7000 電子回路修理

ソニーリピートカードプレーヤーCP-7000の修理依頼がありました。

※久しぶりのカードプレーヤー修理ですが、カードプレーヤーは常時受け付けしております。

故障の症状は、以下のような感じです。

  • 電池を入れると電源が入りっぱなしで電源OFFにできない。
  • カードを挿入すると音声が再生はされるが、音声が不鮮明。
  • ボリュームの増減はできる。

CP-7000については、過去にも同様の症状修理の経験がありましたので、早速ですが診断しました。

電子回路に多岐に渡る故障がありましたが、原因も判明し無事修理もできました。

修理完了動画

では、故障原因と修理の詳細です。


ソニートーキングカードプレーヤーCP-1000溶解ゴムベルト修理

カードの引き込みができなくなったということで修理の依頼がありました。

CP-1000は、プーリー軸のグリス固着などありますね。

では診断しましょう。

プーリー軸のグリス固着もありましたが、油断していましたゴムベルトの溶解でした。

CP-33やCP-55でもお馴染みのゴムベルトの溶解でした。

溶けたゴムが粘り付いていますね。

こう接着剤の如くカッチコチです。

綺麗に除去します。

手は真っ黒になります。

アルコールで綺麗にします。

その他に電池ボックスの電極の汚れや磁気ヘッドのアジマス調整します。

カードの再生速度も遅めになっているので調整します。

多少は摩擦も残っているのですが、ゴムローラーもこの機に新品に交換します。

本体も綺麗ですね。

修理をメンテナンス実施で今後も長く活躍してくれるでしょう。


動作確認も良好です。 どうもありがとうございました。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニーカードリピーター CP-55 カラカラ音修理

ソニーカードリピーターCP-55の修理依頼がありました。

動作確認済みということでネットで購入した機種とのことですが、カラカラ音が出てしまい使えない状態とのことです。

やはりフリマなどで修理済みや動作確認済みという商品は、一時のみ動作しても、本商品のような発売から経年した商品は何らかの問題のリスクを抱えていると思います。

フリマで出品されている商品では、肝心の劣化部品すら交換していないにもかかわらず、本来ジャンク品扱いなのをメンテナンス品として販売されているような品物も多くありますので、皆さんご注意をください。

では診断をします。

今回は、お持ち2台のCP-55を診断し状況に応じて1台のみ修理というご意向でした。

1台目は、ほぼ新品の状態でネットで購入後にカラカラ音がし出したということです。

2台目は、カード再生時のみ再生音が小さくなるとのことで、リピート再生時は問題ありません。

診断の結果、状態の良い1台目のみ修理ということになりました。2台目は、ゴム系部品の交換や恐らくカップリングコンデンサーの交換などでより費用が掛かるため断念されました。

カラカラ音

カラカラ音しますね。

駆動系で何か干渉しているようです。

汚れもなく磁気ヘッドのコア摩耗も少なく状態がとてもいいです。

ゴムローラーの硫黄抜けがなく固化もしていません。

ゴムローラーはこのまま使用いただけます。

カラカラ音の原因は、このゴムベルトでした。

劣化で伸び固化した曲がり癖でカラカラ音を出しています。

ネットで修理した記事で、同じ素材のゴムベルトに交換したという記事を多く拝見します。

たぶん、隣国などから入手したであろうカセットテープ用の補修部品などなんだろうけど、そんな部品で修理してもいいのでしょうかね。

もともと、オーディオ用の部品かもわからないですし、実際当医院でも品質検査をしたことがありますが、1年以内に破断するという事故が複数起きておきます。

当医院では、まったく違う素材のベルトを使用しており、多数の修理実績と耐久性の確認もできております。すくなくとも5年以上は品質を持続しております。

プーリー部のメンテナンスも実施しておきます。

機構部の修理は以上です。

また、CP-55の持病である再生音が小さくなるという事例多いです。

カップリングコンデンサー一式を予防措置的に交換しておきます。

動作確認

カラカラ音も消え再生音質も良質ですね。

お孫様とカルタ遊びをされるとのことなので、楽しんでもらえたらと思います。

以上で修理完了です。


トーキングカードはフルセットで購入した とても思い入れのある玩具なので、またカードを聴けるようになりとても嬉しいです。

プレイヤーは今回修理していただいたもので歴代4台目です。

我が家にあった物は娘がくもん教室で使っていたものなので かなり劣化していたんですね。

今回修理していただいたプレイヤーは、我が家にあった物が壊れたので ネットで購入したものですが、あまり劣化のないものだったようで 早く修理が完了出来てよかったです。

こんかいカタカタ音がしていた、このプレイヤーも年代物なので 半分諦めていましたが、 こんなに早く、昔の鮮明な音によみがえらせていただくことが出来て本当に嬉しく思っています。

孫ときれいな音でカルタ遊びが出来ると思うととてもうれしいです

~依頼者様のご感想より~

ソニーカードリピーターCP-55A ゴム系部品交換修理

カードの自動引き込みがされず、手で押してあげると音声は変ですがスピーカーから音はするということです。

プーリーのグリス固着とゴム系部品の劣化と思われます。

グリス固着ですね。

カチコチというわけでないですが、ゴムベルトからの硫黄成分でプラスチック部品が濁ってしまっています。

ゴムベルトも伸びていますね。

交換をしますが、同じNBR系のニトリルゴムは耐久性や先の硫黄分の抜けなどを考え、交換は不適切と判断しています。当医院では、オリジナルの高耐久性の部品に交換をしています。

左が劣化ゴムローラーで、右が新品のゴムローラーです。

劣化のゴムローラーは表面がテカリはじめていますね。

これも新品のオリジナル部品に交換します。

フリマで、これらの部品を交換せず修理して販売している方が居られますが、メンテナンス如きでは滑りはすぐ再発します。既に硫黄分が経年で抜けているので交換が必須です。

ひょっとしたら、それを購入された方が当医院に修理依頼しているのでしょうか??

その他も診断します。

磁気ヘッドのコアは摩耗が見られますが、特に問題ありません。

付着した硫黄分もアルコールで拭きあげ綺麗にします。

駆動系の機構モジュールの修理は以上で完了です。

スポンジ類も劣化でボロボロなので交換します。

次に電子回路ですが、CP-55系の持病対策もありますので、電解コンデンサーは一式交換します。

カードのスライド再生速度を検査カードと測定器でチェックし調整します。

ゴム系部品を交換した場合は、カードとのあたりなどや経年での速度変化もありますので、速度検査は必須です。

動作確認

完璧ですね。

再生音質も最良です。

このP-55Aは、カードサイズの大きいカードも全域がリピート録音再生できます。

完全復活して活躍してくれるでしょう。


カ−ドがあっても、本体が壊れていては聞くこともできませんでしたが、今回修理をしていただき感謝しています。

今回は本当にありがとうございました。

~依頼者様のご感想より~

DWE デジタルプレイメイト SDカード故障

今回の記事は少々特殊というか修理という範疇ではないのですがご紹介します。

依頼者の方は、中古でDWEのプレイメイトシステム一式を購入されたらしいんのですが、使い方含め故障しているのかどうかということで依頼がありました。

まずは、このライトライトペンについてです。

前にミッキーマジックペンというグリットオンプットという仕組みを使った絵本の絵柄にペンをタッチして音声を再生するペンを修理したことがあったのですが、このペン型のアイテムも進化しております。ライトライトペンは、以前のバージョンになります。

今回依頼のペンは絵本に印刷された導通箇所にペン先をあてるとペン先の導通点2か所が短絡され、効果音とLEDで正解を知らせるという仕組みでした。

依頼者の方は電池を変えても絵本に何も反応しないということでしたが、実は絵本以外にも対となるDVDも一緒に見ながら質問に答えていくというものでした。

DVDの指示にしたがい、該当のページで質問の回答の絵柄の黒い点にペンをあてるという仕組みで試してみると問題なくペンも反応しました。

遊び方

こんな感じでペンをあてると反応します。

ということでペンは故障なしでした。

次にプレイメイト本体を診断します。


このタイプのプレイメイトは、SDカードをセットして使用するのですが、SDカードを裏面のカードスロットにセットしカードを差し込んでも無反応です。

以前の経験からSDカードに問題あった場合は、LEDが3回手滅ということを知っていたのですが、3回点滅しません。

ですが、なんかいつもと違う点灯と消灯をします。

何か起きている雰囲気がします。

その通りで、カードを差し込んでもうんともすんともです。

そこで当医院のSDカードを差し込んで動作確認をすると問題なく再生でき録音もできました。

付属の外付けマイクの動作確認もできました。

なるほど、SDカード故障ですね。

そこで、故障したSDカードを当医院のプレイメイトで可動テストすると、同じうんともすんともとなりました。

SDカード故障で決まりですね。

そこでパソコンでデバイスの状況を確認しようとしてもデバイスすら認識できません。

かろうじて認識できてもアクセスできないのでハングします。

依頼者様と相談をし、代わりのSDカードを別途入手し動作確認の上、返送となりました。

因みに、SDカード故障の修理はできません。※というかできるのかどうかわかりません。

これで、このプレイメイトも活躍してくれるとうれしいです。


迅速に対応していただきとても満足しています。

破損した部品を仕入れて直していただき色々な手間も省けてとても助かりました。

ありがとうございます。

届いてすぐ子供達も楽しそうに遊んでいます。

~依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1200 磁気ヘッド移殖修理

CP-1200の修理不可能であった事例紹介です。

立て続けに2件の事例でまったく同じ磁気ヘッドの故障でした。

過去に数件同じ症状を経験しているので、もう持病といってもいいと思います。

もちろんですが、磁気ヘッド故障の起きていない機種を修理できたことも多いので一概に言えないですが、症例としては多めですね。

アンプ回路にも故障があり故障部品一式を交換し、まずは音声を増幅できるまで修理を行います。

次に磁気ヘッドは治具で動作を確認したのですが、やはり音声が小さくボリューム最大で何とか使えるレベルとなり、サーというノイズも一緒に増幅されて使い物にならないという次第です。

因みに、磁気ヘッド故障の機種は全てCP-1200のマイナーチェンジ後のようです。

多数のCP-1200を診ていると分かるんですが、カードの駆動方針が量産途中のロットで仕様変更が入っています。

初期ロットは、カードを駆動するゴムローラーと磁気ヘッドにカードを密着させるピンチローラーがCP-1100と同じく一体化で制御されており、マイナーチェンジ前は、ゴムローラーがカード駆動と磁気ヘッドとテープの密着を兼ねているタイプとなります。

マイナーチェンジ後のロットでは、本記事同様に磁気ヘッドとカード駆動が分離制御されております。この方式での磁気ヘッド故障が多いです。

立て続けに2件で磁気ヘッド故障にみまわれてしまい少々意気消沈しております。

依頼者様のたってのご希望で磁気ヘッドの移殖も踏まえ修理に挑みました。

故障は多岐に渡り、いろいろたいへんではありましたが、思い出のお品物ということで、気合を入れて是が非でも修理をします。


故障箇所を一つ一つ診ていきましょう

まず、筐体のあちらこちらで割れや破損があります。

カードを差し込み挿入するスリット部に破損があります。

このスリット部もたいへん脆いです。

カードがスライドする際に正常位置にアライメントする役割も兼ねているので、このスリット部品は部品取り機から移殖します。

筐体の端も割れていますね。

CP-1200の筐体は、経年でとても脆くなりますので、落下や衝撃ですぐ割れてしまいます。ネジ締めだけでもすぐ破損してしまいます。

↓これです。

ネジを回したとき、バキっと音がすると支柱が折れていたりします。

しかも、、、

ネジも曲がっておりました。

これは落下か衝突時の衝撃でネジが曲りしかもネジ受けの支柱も折れてしまったという事態ですね。

曲がったネジは、部品取り機から移殖しますが、折れた支柱は接着などでは強度的にダメなので、カバー丸ごと部品取り機から移殖しようかと思い、依頼者様に相談したところ、できるだけ現状を残せるだけ残して補修して欲しいとのことでした。

やはり思い出のお品物なので、現状を残したいお気持ちは大事ですので、支柱の補修策を検討します。

補修は強度も兼ねないとイケませんので、折れた支柱を両側からネジ止めします。

UVレジンやエポキシ接着剤、プラリペアなどの補修材は無力です。

ネジ止めの力であっさり破損します。

鉄製のネジです。一度曲がってしまっているので、部品取り機からネジを移殖します。

筐体の折れた支柱の裏側にM3のタッピングネジを打ち込んで支柱を両面から固定します。

今までなかった場所にネジがあるので、依頼者様にはご了承をいただいておきます。

慰め程度ですが、接着剤を隙間に盛っておきます。

接着剤が固着するまでネジ止めして固化を待ちます。

こんな感じになりますが、補修後に問題が発見されました。

両側からねじ込むのでネジが奥までねじ込めなくなりました。

そこで、M4のスペーサーを適宜パイプカッターでカットして固定できるようにネジにハメてねじ込みます。


次に割れ箇所の補修をします。

まず、割れたスリット部品を綺麗に外します。

無理に外すと他の箇所も割れてしますので、慎重に作業します。

裏面が熱したコテで溶かし固定されているので溶解した突起を削り外します。

次に移殖部品も綺麗に外さないとイケません。

綺麗に外せました。

かなり神経と使いました。

ここも慎重にはめ込みます。

はめ込んだ後は、削った突起部に接着剤を流し込み固定します。

バッチリ綺麗に仕上がりましたね。

次に割れた破損箇所の補修です。

割れは、ワイヤー固定してエポキシ接着剤を盛って固定します。

割れの補修は以上で完了と思いきや、アルミのパネルの端が剥がれかけています。

CP-1200のパネルは、経年で接着剤が劣化し剥離します。

依頼者様で以前既に一度接着した痕がありますが、その痕ごと剥がれてしまっております。

接着剤の残りは綺麗に削り接着剤の食いつきをよくします。

アルコールで汚れも落としピッカピカです。

電池ボックスの乾電池を抑えるスポンジも交換します。

これで筐体側の補修は完了です。

次に本体内部の機構部の修理に取り掛かります。


まずは、当然のごとくゴム系部品の劣化があるので交換をします。

劣化で固化して伸びてもいます。

マイナーチェンジ後のCP-1200は、ゴムローラーのサイズが半分です。

これは、前述のカード駆動と磁気ヘッドのピンチローラーが分離されているからです。

このゴムローラーも表面がツルツルになっていますので交換します。

ゴムベルトの機構部も劣化したグリスを交換し金属部の汚れもルーターで研摩してピカピカにします。

ここまで作業し組み付けカードの音だし確認がやっとできるようになります。

依頼者様のところで、カードの引き込み以外にも音がでずボリュームを効かないとお聞きしておりました。

まず、磁気ヘッド、アンプ部、スピーカーなど確認します。

まず、電子回路の増幅回路に問題があります。

スピーカーは、インピーダンスを計測し音出しも問題ありません。

ですが、ボリュームMaxでもウンスンです。

これオカシイです。ホワイトノイズすら出ていません。

調べてみると、アンプに故障がありましたので、ACカップリングコンデンサー全てとパワーアンプ部の周辺コンデンサー、プリアンプ部のダーリントンのトランジスタ2個を交換してしまいます。

既に前述していますが、これでスピーカーからサーノイズが増幅され出てきました。

最後に、カードで磁気を読み取り再生確認します。

ざんねーん!

ほぼ聞こえません。

アジマスを調整しても、どーやっても音量が出ません。やっと出たと思っても音質が悪いです。

そこで、磁気ヘッドの動作確認治具で確認しましたが、音量がとても小さいです。

磁気ヘッドの故障ですね。

トーキングカードプレーヤー用の磁気ヘッドは新品が入手できません。磁気ヘッド故障の場合は、中古部品を移殖する以外方法がありません。

前述の通り、たってのご希望でということで、フリマで磁気ヘッドが生きているCP-1200を入手し移殖します。

どちらも摩耗が進行していますね。

左が故障品で右が新たに入手した無事な移殖品です。

磁気ヘッド移殖動作確認

無事再生できるようになりました。

音量も音質とも問題ありません。

アジマス調整の際にネジを折ってしまうなどハプニングもありましたが、なんとかここまで来れました。

調整後は、最適位置でネジ類とネジロックしておきます。

隅々まで綺麗にして組み立てます。

動作確認

いろいろ故障箇所が多岐にわたっておりましたが、思い出のお品物ですので、無事カード再生できるまでしゅうりできました。

しっかり修理しフルメンテナンスも済んでおりますので、これからもより一層活躍してくると思います。


再び懐かしいカードの再生音を聴くことが出来て感激しています。

音を聴いてそれぞれに昔の記憶が蘇ってきました。

子供4人が長く遊んだので、もう寿命だろうと思い、今回の修理が無理であればお別れをしなくては思っていたので、治療して頂いて感謝しています。

家族も喜んでおり、今度は孫たちが遊んでいます。

カードプレイヤーの修理を受けて下さり、ありがとうございました。

また大切に遊んでいきます。

~依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1200修理不可事例

当医院の得意としているソニー製のトーキングカードシステムがあります。

その中にCP-1200という商品があります。

今回の修理が難しかった事例を紹介します。

どのカードシステムもそうなのですが、故障部品で既に市場で入手のできない部品であったばあい交換ができないため修理不可能となることがあります。

今回は、その中でも特に多い磁気ヘッド故障で修理不可能となる事例です。

ご存じの方が多いとは思いますが、トーキングカードシステムは、磁気テープが絵柄の印刷された厚紙に貼られております。

この磁気テープを磁気ヘッドで読み出しアンプで増幅するといった仕様となっております。

既に20~30年前の商品なので、メーカサポートもなくもちろんですが保守部品も入手できません。

特に専用設計されたであろう部品が故障した場合は、ジャンク品からの移植でもいないかぎり修理不可能になります。

今回のCP-1200は、ゴム系部品の劣化以外にも再生音が小さいという症状がありました。

過去の修理経験でもCP-1200で使用された磁気ヘッドの故障確率が高く、どれも磁気の読み取り不良でした。記憶にあるだけでも数件おなじ磁気ヘッド故障です。

依頼を受けた際は、ゴム系部品の交換や各所メンテナンスを実施し再生音量も改善するかもと期待をしていたのですが、磁気ヘッドの故障でほぼ磁気が拾えていないという状況でした。

ただここまでたどり着くまで、その他の故障個所をすべて潰してからでないと最終判断を下させないという難しい状況もあります。

磁気ヘッドの故障は、検査治具を用意していたので治具側にヘッドを接続し磁気が読み取れているか確認したのですが、ほぼ読み取れておらずでした。

既に磁気ヘッドの摩耗もありますので、アジマスの調整でなんとか最適な位置にできないかと格闘したのですが、その甲斐なく修理可能という判断となりました。