ソニートーキングカードプレーヤーCP-1000 スピーカー固定修理

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1000 スピーカー固定修理

カードがスライドしてくれないということで、修理のご依頼がございました。

不具合の原因は、ゴム系部品の経年劣化でしたので、ゴムローラーとゴムベルトを交換します。

ゴムベルト

カード送れない主因は、ゴムベルトが伸びていたためでしたので交換します。

ゴムローラー

ゴムローラーは、まだ現状でもカードを送ることだけの摩擦が残っておりましたが、ご相談の結果交換ということで作業をさせていただきました。

今回の記事は、スピーカーを固定しているツメが折れておりましたので、その補強について共有したいと思います。

スピーカー台座

ソニートーキングカードプレーヤーではスピーカーの固定は、磁石部分をすっぽり周囲を被せる形でツメがついております。何らかのはずみでしょうか、ツメが3本折れてしまい、スピーカーが本体内部でぐらぐらしています。

さて、修理方法ですが、ご経験がある方は、接着などでは固定なんで無理と直ぐ分かります。その他の方法で固定したいのですが、簡単に低予算で固定をします。

結束バンド

画像を撮り忘れてしまったのですが、スピーカーの磁石が被さるツメ周辺をぐるっと結束バンドで固定します。ツメ2,3本程度でしたら、この固定方法で十分です。

もし、もっと大幅に折れてしまった場合は、他の方法を検討せねばなりませんが、今後の検討材料としたいと思います。


カードも通りますし、音も流れます。

油性ペンの汚れまで落として下さり、綺麗になって戻り感動しました。

修理依頼して届いてすぐ取りかかって下さり、すぐ直った事にも驚きです。

丁寧に連絡下さり安心してお任せできました。

もう使えないかと諦めかけていたので、本当に感謝しています。

また何かあればぜひお願いしたいと思います。 本当にありがとうございました。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1200 磁気ヘッドアライメント

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1200 磁気ヘッドアライメント

カード再生が不安定とのことで修理のご依頼がありました。

まず、受け取った際に付属のカードに異常な反りがあることに気づきます。

反り

恐らく、長期保管時に反りがついてしまったようですが、この反りが致命的になりました。カードに反りがあると以下の弊害があります。

  • カードが挿入されたと検知するスイッチが反りによってレバーに接触不良を起こす。
  • 磁気テープにも反りが出ていると、磁気ヘッドに正常に接触できず、極端に音量が小さくなるか音がでない。

うーん、困りました。反りがあるカードでは、正常な動作確認ができないため、残念ですが、ご依頼者様へお手持ちのカードでは、正常に動作させることができない旨をお知らせしました。本機の修理は、断念されるか、状態の良い当医院在庫のカードで修理を継続するかのご判断をお願いしたところ、当医院のカードによる修理をご希望ということで作業を継続します。

本機は、カードの駆動系機構と磁気の読み取り機構が独立しているため、カードの反りに弱くなっておりますが、旧来のフライホイール軸にゴムローラーが一体となっているタイプだと、ある程度のカードの反りも再生できる可能性があるように思います。

内部清掃

長期保管時の不具合で多いゴム系部品の劣化がもちろん出ておりましたので、交換をします。ただ、CP-1200は、ゴムローラーの交換に注意が必要です。

CP-1200は、製造時期によってゴムローラーや磁気ヘッドなどの駆動系の機構の仕様が異なります。今回のCP-1200は、カードを送る機構をカードの磁気テープを磁気ヘッドになぞる機構が独立しているタイプとなります。

独立タイプ

注意点としては、ゴムローラーにカードを押し付けるプーリーが、磁気ヘッドのモジュールと独立をしており、軸止めがはまっていて容易に取り外せないため、フライホイールの固定ネジにドライバーを差し込めないという弊害があります。

ネジ穴位置

フライホイール軸のゴムローラーが付いたままでは、ネジを回せないため、取り外しができません。うーん、ピン留めを外せばいいのですが、錆もすごので、できれば外さず解決したい。そこで、フライホイールを筐体に取り付けた状態のままでゴムローラーを交換することにしました。

ゴムローラー
ゴムローラー交換

もちろんですが、ゴムベルトも交換を行っております。さて、次にタイトルにもあるように磁気ヘッドモジュールのアライメントを行います。

長年の保管のせいか錆が酷く当初は、調整ネジがビクともしませんでした。磁気ヘッドが、ゴムローラーを面一で接するように位置調整と水平、高さ調整をします。また、水平時の当たり確度も調整し最適なポイントを探ります。

製造メーカー様では、調整用にカードを読み取った磁気のピークを観測する測定器と調整用の治具があるかと思いますが、もちろんですが、当医院にはそのようなものはございません。従って、耳による再生状況の確認を微調整でできる限り最適なポイントを探ります。

ネジ止め

最後にネジ止め剤を付けておきます。

パネル

パネルの落書きも綺麗に落とし修理完了ですが、1点 エクスキューズが付きました。

カードを挿入した際の検知スイッチの反応から、増幅器の電源連動に若干のタイムラグが残ります。約0.5秒。モーターの不具合か、オペアンプの電源回路か、、、。既に、磁気ヘッドのアライメント調整などで工数が、かなりかさんでおりましたので、本件を対応するとかなりの高額負担が予想されます。今回はカードを差し込んだ際に若干の空回りをさせることで対処をお願いしました。

反りのあるカードも反りをあるていど手で戻し再生を試みると、再生できるカードもあればやはり再生できないカードも残りました。目視確認するとやはり、磁気テープ部分の反りもですが、磁気の劣化も出ているようです。


子供たちも問題なく遊べています。ありがとうございました。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1200磁気ヘッド不良

ソニートーキングカードプレーヤーCP-1200磁気ヘッド不良

今回の記事は、修理不可能であった案件を紹介いたします。

CP-1200の再生音が小さいという症状で、もちろんですが、ゴム系部品の劣化もあったのですが、磁気ヘッド不良が致命的でしたので修理不可能でした。

CP-1200の修理において再生音が小さいという故障モードは、初めてです。一番多いのは、もちろんゴム系部品の劣化でカードが正常にスライドしないですが、次に多いのが、スピーカー故障です。

スピーカーが故障した場合は、全く再生音がしませんので、スピーカーの故障ではなさそうです。CP-55では、再生音が小さいという故障モードがあり、プリアンプ前後のACカップリングコンデンサの容量抜けという原因が多いです。さて、今回のCP-1200は、どういった故障でしょうか・・・。

機構分離

CP-1200は、過去の製品の不具合の教訓がいかされているのか、磁気ヘッドにカードを押しあてる機構とカードをスライドさせる機構が分離されています。他のカードプレーヤーの場合、ゴムローラーのゴムが磁気ヘッドにカードを押し付ける役割とカードをスライドさせる役割の二つを担っています。ですが、カードが挟まっていないカードを差し込む前とカードのスライドが終わった後に空回り期間、ゴムローラーが磁気ヘッドを無意味に押し付け空回りしているので、磁気ヘッドの摩耗を招いております。

多数修理を行っていると、新品時に曲線を描いてあったであろうヘッド部分がフラットに摩耗しているのを拝見します。そのような摩耗が再生品質に影響するので、CP-1200では、磁気読み取り機構をカードをスライドさせる機構を分離したのだと推測されます。

ですが、今回の故障原因は、このような故障防止策も効果がなかったという事案になります。

磁気ヘッドの摩耗 再生NG

目視でも分かるぐらいに摩耗し削れております。後述の解析の結果、この摩耗によってカードの磁気が十分に読み取れず再生音が小さくなったと結論づけました。

再生OK品

以前、修理を行った同期のヘッド画像と比べてみると、歴然と摩耗が具合が違います。

実は、この結論に至るまで故障個所原因の切り分けにかなり難航しました。まずは、物理的に磁気を読み取るメカニカルな機構の不具合なのか、音声を増幅再生する電子回路系の不具合かを切り分けます。

まずは、磁気ヘッドの摩耗は気になりますが、正常に読み取れアンプの前段まで音声が来ているかを確認します。

電子基板

構成としては、磁気ヘッドから拾った音声をプリンアンプ段として2SC1345 2個で構成されたダーリントン回路で増幅しボリュームを介し1701刻印のオペアンプで増幅しスピーカーを鳴らすといった回路です。それぞれの段間にカップリングコンデンサが挿入されています。

一応、音は小さいなりにボリュームの増減はするので、回路に入力された入力レベルが小さいと予想されます。この手の解析には、いつも使うのですが、クリスタルイヤホンで回路途中の信号を直に耳で確認します。

結論からいうと、オペアンプの入力以前に既にレベルが足りていません。2SC1345のダーリントン後でのレベルもほぼ無いです。そこで、段間に挿入されたACカップリングコンデンサを総とっかえしましたが、不具合は解消されず、最終的に2SC1345も取り外しチェッカーで確認しましたが、問題ありませんでした。どうも電子回路にも問題なさそうです。

部品交換チェック

そこで、磁気ヘッドのチェックに戻ります。

磁気ヘッドモジュール

ヘッドが摩耗しているのなら、実はカードの磁気部分に押し当てるポイントにズレが生じているかとも推測し位置調整のアライメントを取り直してみます。

確度、押し付け強度、上下高さ位置を調整ネジで調整できます。出荷時には、位置ズレが起きないようネジ止めが各所に塗られております。ですが、どう調整してみ音量の改善には至りませんでした。

CP-1200の磁気ヘッドは、替えの部品を在庫していないため、もう打つ手がありません。カードプレーヤーの場合、替えの効かないキーパーツとして、モーター、磁気ヘッド、フライホイールなどの機構部品があります。今回の事例は、そのキーパーツの不良による修理不可能事例でした。


ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 修理フォロー

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 修理フォロー

今回のご依頼は、ご自身で修理に挑まれたが、うまくいかずそのフォローを行った案件となります。ソニートーキングカードプレーヤーの不具合は、経年によるゴム部品の劣化によってカードが正常にスライドできなくなる事象がほとんどです。

特にゴムベルトなんかは、日常にある輪ゴムなどで代用できないかと交換を試みる方が時々居られます。試したことのある方は、ご存知かと思いますが、規格サイズ、ゴムの強度など純正のベルトに比べ全く異なるためはめ込んでも動作しません。

輪ゴムでの代用

モーターからの動力をプーリーを介してフライホイールに伝えるため、強度がまったく足りません。今回も、輪ゴムで代用してみたが、カードを正常にスライドできないとのことです。

また、カードを直にスライドさせるゴムローラーも劣化しているでしょうから、輪ゴムのみ交換を行っても直せないと思われます。

交換作業
ゴムベルト交換

因みに、当医院では、2種類の材質規格のゴムベルトを使い分けております。また、今回は、致命的ではありませんが、電池ボックスの負極端子に錆があがっておりましたので、研摩しておきました。完全に導通していなければ、気づきにくいかもしれませんが、錆によってい電圧が低下していた場合、カード駆動に支障もでかねません。

スピーカーコーン

修理の対象ではありませんが、スピーカーコーンの中央のセンターキャップがへこんでいます。これは、主に振動コイルに埃などの侵入を防ぐためですが、高音域の音質にも影響があるかもです。高級オーディオでもないので、リスクをおかしてまでも元に戻す必要もありませんので、このままにしておきます。

以上で動作確認も終え修理完了です。


動作も問題なく購入当時と遜色ありません。 大変喜んでおります。動作確認〜修理まで丁寧な対応頂き感謝してます 本当にありがとうございました

~ご依頼様のご感想より~

ソニー カードリピーター CP-55 コンデンサ交換

ソニー カードリピーター CP-55 コンデンサ交換

以前にソニー リピートカードプレーヤー CP-33の修理依頼をされた同じ方から、今回は、CP-55の修理依頼がありました。

症状とは、カードプレーヤーで多いカード引き込みやスライドの不良と再生音が非常に小さいとのことです。CP-55で、特に不具合症状の多い再生音が小さい時は、プリアンプのACカップリングコンデンサの容量抜けが原因であることがほとんどです。※コンデンサは、経年劣化します。詳細は、こちらが参考になります。

さて、今回の記事は、ゴム系の部品交換はもちろん行いましたが、コンデンサの交換についてご紹介します。

劣化ゴム系部品
電解コンデンサ交換

家電を修理されたご経験があれば、アルミ電解コンデンサに経年による電解液の漏れや解放弁の膨れ上がりを目にしたことがあるかもしれません。

特にオーディオ機器では、AC結合のため電解コンデンサが挿入されていますが、上記の原因により容量が変化してしまうと音声に影響が直結します。残った浮遊結合による微かに聞こえるぐらいになるため、症状として再生音が小さいことになります。

CP-55では、目視レベルは、問題なさそうですが、取り外して容量をチェックしてみると、結構抜けているケースがあります。交換をおこない無事再生音も復活しました。


極めて調子良く動くことも確認致しました。本当にありがとうございます。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100/CP-1200 スピーカー交換

ソニートーキングカードプレーヤー CP-100/CP-1200 スピーカー交換

トーキングカードプレーヤーで、故障の多いスピーカー交換の事例となります。もちろんですが、ゴム系部品の交換も行っておりますが、今回はスピーカー交換について共有しようと思います。

カードプレーヤーの場合は、実際に物理的にカードをスライドさせるゴム部品の交換以外にも電子回路の不具合やスピーカーやボリューム、スイッチ類の不具合も散見されます。

スピーカー故障の場合は、カードを再生させても音が出ないということで、早々にそれらしい不具合を認識できると思います。一方、音声の増幅回路などの起因した事象もあり得ますの、内部の導線の断線などもチェックも一通り済ませてからでないと、故障原因の切り分けに手こずることになります。

さて、今回は、CP-1100とCP-1200の両方でスピーカー故障の事象に遭遇しました。スピーカーが故障しているかどうかは、ハンディテスターでのインピーダンスを測ってみたり、導線を取り外してスピーカーのチェッカなどで音を鳴らしてみるのも手です。ただ、残念なことに製品の規格仕様が不明なため、インピーダンスと出力がわかりません。スピーカーの刻印も固定されているスポンジの両面テープをはがすとまったく認識できない状況です。そもそも刻印があったのかも疑問になります。また、スピーカーの形やサイズも筐体に納まるスピーカーを探さねばなりません。

CP-1100は、円形のスピーカーで、CP-1200は、楕円形のスピーカーです。また、CP-1100もCP-1200もどちらも筐体に固定するには、スピーカーのマグネット部分の形状で筐体のツメに納めないといけません。

筐体のツメ

安易に固定すると、振動による震えなど音声の再生品質に影響します。

しかし、運よくサイズぴったりのスピーカーなんて手に入りませんので、当医院では、極厚のウレタンシートを加工し筐体と交換スピーカーのマグネット間に挟み込んで固定しています。

交換済み CP-1100
交換済み CP-1200

CP-1200のスピーカー交換については、楕円形の適切なサイズのスピーカーが見つからないので、短い側の直径に併せたスピーカーを使用し合わせこんでいます。

前述以外にもゴム系部品の交換、電池ボックスの液漏れ修理などもありましたが、無事修理完了できました。


懐かしい音がスピーカーから流れて来て感激しました。 子供達が楽しみ今度は孫が楽しむ 。こんな素晴らしい経験をさせてくれるなんて修理して良かったと思っています。修理頂きありがとうございました。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 修理の修理

CP-1000

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 修理の修理

修理の修理と何やら意味不明なタイトルですが、何方かが挑戦した不適切な修理を当医院で修理フォローした記事となります。

修理費無償でご提供していた以前は、フリマやオークションなどで、故障品と知りつつお安く購入されたお品の修理は、お断りをしておりました。理由は、転売目的の利益の確保に協力する形にあたるためです。ですが、実際は、その事実を確認することも難しく、現在は有料での修理とさせていただいているので、カードプレーヤー類の修理においては、入手経路もその後転売についても不問としております。

さて、今回は、オークションで入手された機器が、故障しているようでということ修理のご依頼がありました。カードを差し込んでも声が震えているようとのことです。※震える!?

状況を確認しましょう。

んんん!
おや?

本体の隙間から目視確認したときから、何やら見慣れない部品が付いているのは分かったのですが、これはなんでしょうか?

恐らく、元々付いてたゴムローラーが固化し滑っているので、代わりの部品を探し交換をしたと思います。※見た目、サッシのゴムパッキンのようですね。

声が震えてしまう原因は、この突起のためでしょう。しかも、接着剤でしょうか、黒いネバネバもケースに付いていて除去清掃が大変でした。

黒いネバネバ

修理としては、このゴムローラーとゴムベルトを交換して完了となりますが、今回はカードの磁気劣化もありました。

メロディ系のカード

動作確認用のカードが、会話メインのカードではなく、音楽のBGMも含まれるカードとなります。やはり、今回の動作確認では、BGM部のメロディのみに歪みが出ております。

この現象は、カードの劣化に起因するんでしょうが、特にBGM入りのメロディのみが歪むといった原因が全くの不明で困っております。現状は、この点につきましては、仕方なくご了承いただくことになります。


修理していただいたプレーヤーで娘から孫の代まで楽しくカードで遊べるようになりました。

音声が震えて聴きとれなかったものが、少しこもって聴こえる部分もありますが、はっきりと聴こえるようになりました。

修理できないとあきらめていましたので、聴けるようになってとても嬉しいです。 また修理の内容も丁寧にご説明いただきました。本当にありがとうございました。

~ご依頼様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 ゴム部品交換

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1100 ゴム部品交換

カードお引き込みはするが、カードの移動が途中で止まったり再生音声が歪んでしまうとのことでした。ゴム系部品の劣化については、他の案件同様に交換を行います。

プーリーゴム
劣化ゴム部品
ゴムローラー

さて、カードの音声が、歪んでしまう件は、同封いただいたカードを確認しましたが、やはり磁気の劣化が現れており、カードの再生音の歪みについては、修復不可でした。

磁気劣化のあるカードでは、再生途中に音声の無くなるポイントや、メロディのテンポが歪んでいるカードがあります。

カードの保管状態にもよるのですが、カードが折れていたり、磁気の強いもののそばで保管をすると、触れていた箇所の磁気が弱くなります。特におもちゃやカバンの磁石やスピーカーなど要注意です。

当医院では、再生確認には、状態のよりカードを使用しているため、お手持ちのカードでの完璧な再生まで復活は流石にできません。この点は、皆様にご了承をいただくことになります。


早速息子に渡したところ、楽しそうに何度も何度もカードを再生していました。懐かしい音を聞けて私も嬉しかったです。 自分が幼少期に好きだったおもちゃを、息子が使ってくれるのは感慨深いです。良いものは世代を超えて遊べますね。 どうもありがとうございました。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニー リピートカードプレーヤー CP-33 イリサート修理

ソニー リピートカードプレーヤー イリサート修理

カードの引き込みとスライド不良ということで修理のご依頼がありました。

初期動作確認では、電源は入るもののモーターの回転音はするものの、ゴムローラーはうんともすんともです。早速開封をしてみます。

ゴムベルトが無い
ゴムベルト溶断

経年によるものなのか、ゴムベルトが溶けて切れていました。これ、お掃除するのがとてもたいへんなんです。溶剤でないと綺麗になりません。

ゴムローラー

ゴムローラーも経年による固化が出ていますので交換をします。

さて、今回の記事は、件名のとおりイリサートについて紹介です。

磁気ヘッド固定用イリサート

磁気ヘッドのモジュールを固定するイリサートが、上記画像の金属部分にあります。製造段階で磁気ヘッドをネジ止めする際、恐らく電動ドライバーで固定していると思うのですが、かなり強力にねじ込んでいるようで、取り外しの際にネジをドライバーで外そうとすると、イリサートごと回ってしまい外せなくなることがままあります。

当医院では、過去の教訓からイリサートのネジを外す際は、強く押し込んでネジを回していますが、それでもやはりイリサートごと回転してしまい取り外せなくなってしまいます。

しかたなく、ペンチでイリサートごと摘まみとります。取り出した後のイリサートは、本体側のプラスチックの山が削れてしまっているので、もう固定することができませんので、エポキシ系の強力接着剤で固定します。CP-33の機種で特に多く発生します。


ソニーカードリピーターCP-33確かに受け取りました。どうもありがとうございました。カードの引き込みもスムーズで、不具合は認められません。修理頂き感謝申し上げます。

~ご依頼者様のご感想より~

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 カード磁気劣化

CP-1000

ソニートーキングカードプレーヤー CP-1000 カード磁気劣化

CP-1000の修理記事ですが、トーキングプレーヤー用カードの磁気の劣化についてし紹介をします。

今回の修理は、ゴム系部品の交換にてハードウェアの修理は完了できたのですが、カード側の劣化については、劣化の修復は不可能という内容になります。

ゴムベルト溶断
ゴムローラー交換

ゴムローラーは、かろうじてまだカードを引き込める程度の弾力と摩擦が残っておりましたが、ご依頼様とご相談をしまして全て交換することになりました。

さて、磁気カードを再生する全てに共通するのですが、経年による劣化はどうしても避けられません。ハードウェアの場合、部品の交換をして復活はできますが、記録された磁気の修復は不可能です。

発売から20年から30年という月日が経過しているので、往年のカセットテープをご存知の方なら容易に想像できますが、記録された磁気テープの劣化は避けられません。

特に、トーキングカードにおきましては、メロディ系の記録された音楽が歪んでしまい、目視レベルでは、カードに問題なさそうでも、記録された磁気に劣化影響が出ていることがあります。

ハッピーバースデーのBGMとして流れている音楽だけが歪んで聞こえます。当初は、ハードの修理起因かと思い込み、他の機器でも確認したのですが、同じようにBGMのメロディのみ歪んで聞こえており、ハード起因ではなくカード起因の現象でした。

実のところ、なぜ音声は正常でメロディのみに歪み出てしまうのか、原因は不明ではありますが、カード起因として考えられるのは、やはり磁気の劣化ではないかと思われ、現状以上の対応も取れない状況となります。

当医院での修理を承る際ですが、ご依頼様のカードを動作確認用としてお預かりしています。ですが、流石にお持ちの全てのカードの再生を保証できるものではありません。特に、今回のような磁気に劣化のあるカードや、折り目のあるカード、テープ部分の剥がれてしまったカードは、再生に問題が出てしまいます。この点は、再生不可能としておりますので、ご注意ください。念のため、ご依頼時の注意事項としても掲載をさせていただいております。