たまごっち デビルごっち 裏蓋 ネジ 修理

今回のご依頼は、90年代のたまごっちの裏蓋のネジつぶれです。

 

蓋を開けるためつぶれたネジの取り除きと電池を入れ替えての動作確認です。

画像の通り、非常に激しいつぶれのため、このままでの開封は無理でしたので、ドリルにて周辺をを開口しネジの頭ごと削り取ります。

三枚目の通り、開封に成功した後は、残ったネジの軸をペンチで回して取り除くのみなのですが、今回のネジは、軸が脆くなっており、四枚目の通り、軸の残り部分がもげてしまいました。がーん、、、。

こうなると埋まったネジを取り除くことが困難というか不可能になります。そこで悩んだあげく、裏からもネジの軸をドリルとルータで削り取り、何とか軸を取り除けないか挑戦しました。

1/3程を削った時に、なんと軸の先が出てきたので、無事取り除くことができました。

しかし、そうすると、替えネジで絞めたとき、ネジの溝受けの残りが少ないため、強度的に大丈夫か不安が残りました。

悩んだ挙句、開口した穴にネジをねじ込んだ状態で、プラリペアを流し込んでネジの受けを作ってしまおうという作戦に挑戦しました。

画像の通り、無事穴を埋めることもでき、ネジの絞め強度も問題なく復活できました。見た目もきれいに蓋を閉めることができました。

【ご依頼者様のお声】

 

この度は、20年ほど前に購入したデビルっちのたまごっちを瀧下様に修理していただきました。

当時は私がまだ小学生の頃で、上手く電池蓋を開封することができず、ネジが完全になめてしまって開けることができなくなり、ずっと眠っていました。

少し前にふと思い出し、メーカーにも問い合わせましたが修理は不可と言われ、色々と調べた結果瀧下様のもとにたどり着きました。

終始丁寧で迅速にご対応いただき、瀧下様の知識や技術にただただ驚くばかりでした。

そして、想像よりもはるかに綺麗に仕上げていただき、もう2度遊ぶことはできないと思っていたたまごっちとまた出会うことができて感動しました。大満足です。

また我が子のおもちゃが壊れてしまったときには、頼らせていただけたら嬉しいです。 この度はありがとうございました。