ソニーカードリピーター CP-55 音質改善

ソニーカードリピーター CP-55 音質改善

ソニーカードリピーター CP-55ですが、ご自身で使用されていた機種を長期間保管され、久しぶりにお子様にもということで、修理のご依頼がありました。

電源は入るがカードが送られないとのことです。

ゴム系部品
プーリーのグリス

開封し調べたところ、ゴムベルトの動力を伝えるプーリーが付加してあったグリスが懸念で軸に粘着しておりプーリーが全く回転できていませんでした。これは、他の機種でも見受けられる症状なので、使用したグリス特融の劣化現象なのでしょう。指で少し回してあげるとカーテンしはじめます。

ゴムベルトとゴムローラーも劣化は進んでおりますが、ぎりぎりカードを送ることができておりましたが、ご依頼様とご相談し今後のことも考え、この機会にゴム系部品も全て交換をすることにしました。

さて、今回はCP-55における音質に改善を試みました。現状での再生音を聞いてみると、このままでもカード再生の音質的には問題ないレベルなのですが、やはり最良かと言われると、メリハリが欲しくなってしまいます。特に英語の語学勉強なのでは、発音が重要でしょうからできる限りで最前を尽くそうと思います。

基板

再生テスト行うと、他の機種でも経年で音質も劣化します。特に、音量が小さくなる不具合と高音域が出なくなる不具合を拝見します。

磁気ヘッドの物理的な摩耗による要因であれば、交換以外に改善はできそうにないのですが、ACカップリングコンデンサの容量抜けなども多く交換にて音量や音質を改善できます。

ACカップリングとは何ぞや?コンデンサとは?という方は、こちらなどを参照してみてください。インターネットの時代は、さまざまな情報が手に入るありがたい時代です。

さて、CP-55の増幅系の回路を調べると、該当コンデンサが、5個見つかります。入力段に3つ、出力段に2つで、今回は全て交換してみました。

電解コンデンサ

一応手持ちのハンディテスタで容量を計測してみましたが、異常値を示すこともなく残念ですが、効果もそれほどありませんでした。今回は、製品自体が経年もしているので、全て新品のコンデンサに交換をして修理作業終了としました。

高音域のメリハリは、磁気ヘッドやスピーカーにも多分に影響を受けると思いますし、電源系のコンデンサも重要なので、とことん追求するなら、全とっかえでしょうか。※ご予算次第ですが、、、。


早速動かしてみて、挙動も確認できています。

音質の改善までご提案いただけて、とてもうれしかったです。

ぜひ息子にも使ってほしいと思い、大事にしまいこんでいたものを引っ張りだしたのですが、うまく動かずガッカリしておりました。

無事動くようになって、心底ほっとしております。

学びに使われるものではありますが私自身、カードが動いて音が鳴るだけでも妙にワクワクした記憶がありますのでぜひ息子にも同じ体験を楽しんでもらえたらと思っています。

この度は、本当にありがとうございました!!

~ご依頼者様のご感想より~