ソニー トーキング カード プレーヤー ゴムベルト修理

数十年前の製品で、お子様にも遊ばせてあげたいということでした。

専用の音声が記録されたカードをスリットに差し込むと左から右へ流れ記録された音声が再生されるというものです。

以前にも修理を行ったこともあり、大体はゴム系の経年劣化です。

調査をしましたところ、案の定推測が当たり、ゴムローラーを回すゴムベルトが経年で固化してスリップを起こしておりました。

また、ゴムローラー自体も経年で固化し滑り、こちらもカードをスライドできなきなくなっておりました。

まず、ゴムベルトは、3枚目の画像の2本を交換用のベルトの在庫がございましたので、交換しました。

画像2枚目のゴムローラーですが、交換用の汎用部材がありません。自作なども検討できますが、部材自体が高価ですので、こちらは清掃にて摩擦をある程度復活させるまでを妥協点とし完了としました。

2019.5.18 更新

ゴムローラーをゴム業者様に特注し専用品として提供できるようになりました。カードの引き込み、カード送りが滑ってお困りの方は、お問い合わせよりご相談/ご依頼ください。


当医院では、中古のレストア品を販売しております。サブ機としてご検討ください。購入は、こちら